はじめに

f0370762_19315884.jpg

♫ようこそ、Harp by KIKIのブログへ♪


アイリッシュハープの弾き語りをしています。

このブログでは、ハープのこと、音楽のこと、

そして日々のことを綴っています。

いにしえの吟遊詩人のように、

いろいろな所で

明日も明後日も歌っていきたいです。

 

〜 Lesson 〜

・小型アイリッシュハープ(22弦〜26弦)


1. ハープを両手で弾ける方が対象のレッスン

オリジナルアレンジの楽譜を作って、表情ある演奏を目指す、ユニークなレッスンです。

音楽を作る過程を学ぶことにより、曲をより自分のものとして捉えられるので、

自信を持った演奏になります。

また、「暗譜をする」のではなく、自然と覚えることができるため、譜面を見ないで

演奏することも身についていきます。

人前で演奏する、しないに関わらず、音楽を作る楽しさを味わえるレッスンです。


2. 初心者・入門の方が対象のレッスン

基本的な奏法から入って、両手で弾けるようになりましたら、アレンジ法を加えます。

それぞれのペースに合った、ご自分らしい音楽をご一緒に作りたいと思います。


・ハープ弾き語り

弾き語りは、右手と左手と声が織りなす立派な「アンサンブル」です。

伴奏しながら歌う、以上の一体感ある弾き語りのレッスンです。


・ミックスボイスによるヴォイストレーニング

クラシックの声楽ではない声の出し方、自然な発声で均一な音色を出すレッスンです。

弾き語りに応用したい方を対象としています。


・アンサンブルグループ(楽器問わず)の演奏指導

ハープのデュオ、またハープと他の楽器とのアンサンブルをしている方のための

グループレッスンです。


レッスンは自宅(東京都世田谷区)、または出張も行っています。

1レッスン制ですので、自由に日時をご相談できます。

Dusty Strings FH26、Eve(22弦)、Brittany(22弦)がありますので、

手ぶらで来ていただくことができます。


詳細は、ホームページ『Harp by KIKI』のお問い合わせ↓からご連絡ください。

  


[PR]
# by harp-by-kiki | 2019-12-31 20:46 | ご挨拶 | Comments(0)

デュオ演奏

f0370762_19595206.jpg


生活クラブ風の村グループの創立20周年記念ということで、
今回はKIKI&Tactで呼んでくださいました。

20周年おめでとうございます。
本日は、社員の皆様とご家族のためのイベントでした。

会場は千葉県流山市の生涯学習センター。
古巣ですので懐かしいです。

振り返りますと、今年はKIKI&Tactでの
演奏の機会が結構ありました。

このデュオでは、通常私がソロでやっているいろいろな曲に、
フィドル(ヴァイオリン)が一味違ったテイストを加えて、

全く別のものを作る、というコンセプトで始めました。

フィドルとハープのためのオリジナル曲も
いくつか作ることができたので、新境地を開けたでしょうか。109.png

f0370762_21124917.jpg

ここでの役割として、ハープは約半分伴奏に回りますので、
新たに伴奏譜を書いています。

フィドルの譜面は、メロディーとコードと
特に弾いてほしいフレーズを書いて渡して、
あとは全てお任せです。

つまりアドリブを披露してくれて、
それが毎回違うので、いつも楽しみなのでした。

今回は関係者のみのイベントでしたので、
皆様にライブ告知はできませんでしたが、

もし機会がありましたら、
是非このデュオも聴いてくださると嬉しいです。110.png

今回は一曲、KIKIの弾き語りでも取り入れた、
13世紀の中世音楽をデュオでもやってみました。

ヴァイオリンが入るととても音に重厚感が加わり、
何ともいえない世界が出来上がります。

本日のお客様は小さなお子様も多かったのですが、
その曲をご披露したその時、

一番前にいた小さなお子さんが、
急に大泣きし始めてしまいました。💦

これはとても珍しいことでした。
そのリアクションに私の方がびっくり146.png

ルネッサンス期のヨーロッパならではの
透明感がある美しいカノンなのですが、

言葉もラテン語でしたし、
確かに現代とはかけ離れた響きがしますので、

う〜ん、なんとなく怖かったのかも知れません。
(ごめんなさいねー。)

でもちょっと趣向が変わっていたので、
大人の皆様には好評でした。105.png

CDの宣伝はしませんでしたのに、
わざわざお買い求めくださった方々、ありがとうございました。

私の次回作には、是非このデュオでの曲も収録したいです。

お昼は生活クラブさんの、
美味しい自社食材を使ったカレーをいただきました。

それが本当に美味しいのです。
ご馳走さまでした。

今年のKIKI&Tactのデュオは、本日が弾き納めでしたが、
それぞれ、まだ12月の演奏が続きます。

Tact(=山田拓斗さん)の方は
甲斐よしひろさんをはじめとするミュージシャンサポートや

幅広いジャンルのライブをしている
マルチヴァイオリニストです。

グルーヴ感たっぷりなライブを
年末まで展開していますので、是非オススメです。

本日は生活クラブ風の村グループの皆さま、
ありがとうございました。

是非また皆さまにどこかでお会いできたら嬉しいです。

[PR]
# by harp-by-kiki | 2018-12-02 20:20 | コンサート報告 | Comments(0)
f0370762_20331794.jpg


よくハープは何キロぐらいあるのですか?
と聞かれるのですが、

ハープはコンサート用に軽量化をしましたので、
ケースに入れても4キロぐらいと思います。
(ハープは28弦です。)

それ以上に重いのが、機材が入っているピンクのスーツケースで、
12〜13キロぐらいです。

その他バッグなどの手荷物と合わせると、
やっぱり全部で20キロ近くになっちゃうのでしょうか。

もうこれ以上何も持てない〜というのが
私の移動時の状況です。

もう慣れてしまってはいますが、
コンサートは毎回体力勝負なのでした。

そして今日は運悪いことに、
駅に着くと電車がストップしていました!

しばらくして動き出した電車には人がいっぱい。
これだけの荷物があると、満員電車には乗れないのです。

何台か見送って、なんとか乗れましたが、
今度は新宿で乗り換えた湘南新宿ラインも、
架線トラブルで大幅に遅れているではありませんか!

師走ってこうなんですね・・・。

開場の1時間半前には着くはずでしたのに、
ずいぶんと時間をロスしてしまいました。

でもセッティングの時間は十分ありましたので、
影響がなくてほーっといたしました。112.png

そして今日も
元気いっぱいに弾き語りをして参りました。🎶

鴻巣福音自由教会のクリスマス讃美の夕べにて、
今回は、世界の讃美歌の歴史に触れていただけるような、

そんなプログラムをご用意いたしました。

イギリスの13世紀に遡って
ラテン語の讃美歌の弾き語りをしたり、

日本においては
明治時代に歌われていた讃美歌をご紹介したり、

30分のミニコンサートでしたので、
ざっくりとではありましたが、

意外と日本人にとって身近だった『讃美歌』という存在を
お話として語らせていただいたりしました。

会場の皆様に「へぇ〜」と思っていただけると、
大変嬉しいですね。

今回、電車の一件で慌しくなってしまって、
写真をお願いするのを忘れてしまいました。
本日の写真が1枚もないのが残念です。💧

8つのテーブルに作られたお席は全部埋まっていて、
本当にたくさんの方が来てくださいました。

コンサートと平井正治先生のクリスマスメッセージの後は、
お菓子とサンドイッチのティータイムでした。

なんとも温かいお気持ちのおもてなしでした。
嬉しいクリスマスの始まりです。

鴻巣福音自由教会の皆様、ありがとうございました。

さあ、明日もコンサートに出かけて参ります。



[PR]
# by harp-by-kiki | 2018-12-01 23:59 | コンサート報告 | Comments(0)

今年のクリスマスは

f0370762_19554345.jpg


急に寒くなりました。
ちょっと前まで半袖を着ていたような感じですが、
もうコートやマフラーです。

夏🎐→ちょこっと秋🍁→すぐ冬⛄️
近年こんな季節の移り変わり具合ですね。

なかなかゆっくり四季を味わえません。

今年は室内用のゴールドクレストを買って、
ミニツリーにしました。

お部屋の中では、少し長くクリスマスを楽しみたいです。🎄

毎年、クリスマスコンサートのオープニングは
何にしようかと、かなり真剣に考えます。

今年はクリスマスキャロルのメドレーを
編曲してみました。

フランス、イギリス両国の
伝統的なクリスマスキャロルで、
きっと街中でも流れている馴染み深いものです。

そして次に続くのは、14世紀のイギリスで歌われていた、
グレゴリアン聖歌を元にしたカノンです。

中世音楽のワークショップで触発されて、
今回取り入れてみましたが、このジャンルは新たな試みです。

響きが現代と違って、ちょっと不思議な感じがします。
でもなかなか、エネルギッシュなのです。

そして、カノンは輪唱なので一人ではできません。
そこで今年登場しますのは、録音音源です。

先日レコーディングいたしました。
あとは本番で再生の操作を間違えないようにしなくちゃ、です。

まだまだ新しいアイディアが生まれて
チャレンジできることは楽しいですし、嬉しく思います。

そしてクリスマスは、希望がたくさん詰まっているシーズンです。✨

夏に伺った埼玉県鴻巣市の教会に
再びクリスマス会で呼んでくださいました。

今回は男性の皆様が主催の集まりです。
(もちろん女性も大歓迎だそうですよ。)

普段なかなか、ご家庭以外で
男性の方が主体になってのクリスマスは、
日本ではまだ少ないのではないでしょうか?

ミニコンサートと牧師先生のお話&お茶会を予定しています。

イルミネーションや喧騒から離れて、
商業的でない静かなクリスマスを過ごしてみたい方に、
オススメの機会と思います。

♪Concert Information
12月1日(土)15:00〜17:00
鴻巣福音自由教会(埼玉県鴻巣市大間4−2−46)
会費:500円(ティータイム付き)
メッセージ:平井政治師(鳩ヶ谷福音自由教会牧師)
音楽ゲスト:KIKI(アイリッシュハープ弾き語り)

f0370762_12223778.jpg

[PR]
# by harp-by-kiki | 2018-11-23 12:19 | コンサートのお知らせ | Comments(0)

モンセラートの朱い本

f0370762_23191779.jpg


スペインのモンセラートに、黒いマリア像が置かれている
モンセラート修道院があります。

それは山の上にあって、続々と巡礼者が登って来る教会で、
私もかなり昔、観光で行ったことがありました。

そのモンセラート修道院に伝承される讃美歌集が、
『モンセラートの朱い本』として知られています。

14世紀と古いですが、写本として残っていますので、
空想の世界ではなく、きちんとした史上に残る音楽です。

静かな音楽もあり、踊るような音楽もあります。

上の写真は、銅版画家の山本容子さんの作品集『エンジェル・アイ』にあった
モンセラートの朱い本の中の歌です。

マリアのところに天使ガブリエルが現れ、
受胎告知(キリストを身ごもっているという知らせ)の場面です。

いろいろな西洋絵画にあるテーマですから、とても有名ですね。
この銅版画も素敵でワクワクします。

クリスマスは来月ですが、
今日などはまだ昼間は20度ぐらいあって、
半袖の人もちらほら。

なんだかどの季節にいるのかわからなくなりそうですが、
冬は近づいていて、クリスマスも年末ももうすぐ。

今年も教会でコンサートをします。
そして、このような中世音楽もプログラムに入れたいと
思っています。

毎年テーマを決めますが、
今年は讃美歌の歴史を辿るような内容にしたいと思っています。

写真の左下にある鈴は、年に一度、この時期に使っています。

足に着けて鈴の音を鳴らすための楽器で、
トナカイのソリを思わせる鈴の音です。

近年はこの音を聞くと、クリスマスが来るのだなぁ、と
感じるようになりました。

そして今年のオープニングは、
クリスマスキャロルのメドレーにしました。

練習しつつ、クリスマスを先取りしています。
来月はぜひ皆様にとって、楽しいクリスマスとなりますように!


[PR]
# by harp-by-kiki | 2018-11-11 00:22 | 演奏曲目 | Comments(0)

KIKI・・・アイリッシュハープの弾き語りをして、リラックスタイムをお届けしています。ハープと音楽のことを中心に、日々の生活を綴っています。


by harp-by-kiki