はじめに

f0370762_19315884.jpg

♫ようこそ、Harp by KIKIのブログへ♪


アイリッシュハープの弾き語りをしています。

このブログでは、ハープのこと、音楽のこと、

そして日々のことを綴っています。

いにしえの吟遊詩人のように、

いろいろな所で

明日も明後日も歌っていきたいです。

 

〜 Lesson 〜

アイリッシュハープ(22弦〜26弦)、弾き語り(楽器問わず)、

ミックスボイスによるヴォイストレーニング、

アンサンブルグループ(楽器問わず)の演奏指導、

等のレッスンを行っています。

レッスンは自宅(東京都世田谷区)、または出張も行っています。

1レッスン制(チケットあり)ですので、自由に日時をご相談できます。

内容は、ご希望に合うよう組み合わせることが可能です。

例)・弾き語りとヴォイストレーニング

  ・ハープの弾き方とオリジナルの伴奏譜の作り方

詳細は、ホームページ『Harp by KIKI』のお問い合わせ↓からご連絡ください。

  


[PR]
# by harp-by-kiki | 2018-12-31 20:46 | ご挨拶 | Comments(0)

鴻巣(埼玉県)にて

f0370762_14480667.jpg

7月二つ目のチャペルでのコンサートは、
埼玉県鴻巣市、鴻巣福音自由教会でした。

オリーブの会という、教会の女性の皆様が主催の会で、
音楽ゲストとして呼んでくださいました。

こちらでは何度もリピートしていただけて、
とても嬉しいです。

今回いつもと少し事情が違いますのは、
以前とは行き方のルートが異なるのでした。

今年から都内へ引っ越しましたので、
こちらに伺うには新宿を通過しなければならないのでした。

開始は朝10時からでしたから、
コンサート準備を含めると、遅くとも9時に鴻巣に着かなければなりません。

乗車率150%の通勤ラッシュ時に、
ハープと音響が入ったスーツケースを持って行くにはどうすれば・・・

前日の昼間に楽器と機材をお届けして、当日は身一つで行く、
なども計画いたしましたが、

ある方のお宅に宿泊させて頂けるという
大変有り難いお話を頂き、

前日の夜の移動となりました。
これでもう安心です。

その日も本当に暑かったですが、
快適に過ごさせていただいたお陰で、
とても体調良く当日を迎えることができました。

この日のイベントは、午前中のお忙しい時間帯だったと思いますが、
たくさんの方が来てくださっていました。

幼稚園前の小さなお子さんも、
お母さんと一緒に来てくださっていたりと、年齢層が広いのです。

なかなか普段はゆっくり音楽を聴けない方々も
しばしのリラックスタイムとなっていただけたらと思いました。

今回はミニコンサートですので、30分ほどです。
イギリスにいた時に聴いた印象的な讃美歌『ものみなこぞりて』で、
始めました。

ハレルヤ、ハレルヤ、というフレーズが
その当時気分を明るくしてくれたのを覚えています。

ハレル(崇める)、ヤァ(天地創造の神様)
という二つの言葉で成り立っているのを知ったのは、
だいぶ後のこと、自らも教会へ行くようになってからでした。

Mr.ビーンもこの曲をストーリーの中で取り上げて、
他の歌詞は知らなくても、
「ハレルヤ」のところを元気に歌い、

笑いを取るという喜劇ではありましたが、
どこか神聖さが感じられるのでした。

ヨーロッパにいた時に、このように生活の一コマの中で耳にした讃美歌が
今の自分の音楽に繋がっています。

これはどこかで聴いた曲・・・ああ、讃美歌だったのか、
ということがとても多いのでした。

音楽をとおして小さな断片が繋がっていった時に、
人生って面白い、と私は思うでした。

オープニングの曲のことだけで恐縮ですが、
この日は、オリジナル曲を含め6曲を演奏いたしました。

『バイブル&ミニコンサート』というイベントですので、
コンサートの後には牧師先生のお話がありました。

生活の中で思うこと、感じること、
ただ通り過ごすことなく、そこに意味をもたせるのは
大切なんだな、と思います。

そのように「気付く」時を与えられた思いがいたします。

静かで涼しく、空気が澄み切った礼拝堂で、
外の喧噪から離れて安らいだ朝でありました。

いつもながらご準備くださった教会の皆様、
ご苦労さまです。ありがとうございました。

そして、暑い中来てくださったお一人お一人に、
たくさんの祝福がありますように!

今年は予想外に早い夏の到来で、
そして夏が長くなりそうな予感もしますが、

この後私は、少し早めの夏休みに入ることにしています。

9月からの準備と、身体の休養に当てて、
また秋から始動したいと思います。

それにしても尋常ではない猛暑の日々、
どうぞ皆様お気をつけてお過ごしくださいね!

f0370762_17375577.jpg
鴻巣駅に貼ってくださったポスターです。


[PR]
# by harp-by-kiki | 2018-07-18 17:56 | コンサート報告 | Comments(0)

おうちのような教会にて

f0370762_10221201.jpg

思いがけずに6月中に梅雨明けという
驚きの発表後の日曜日、

埼玉県ふじみ野市にあります、ふじみ野キリスト教会にて、
コンサートをしてまいりました。

梅雨明けということで、早速太陽がサンサン174.png
7月最初の休日はさぞプールや海へと
お出かけが多かったのではないかと思いますが、

そんな中、楽しみにしていてくださった皆様が
素敵なおうちのような教会の礼拝堂をいっぱいにしてくださいました。

私もこちらに来るのは初めてでしたが、
昨年のクリスマスには、ふじみ野キリスト教会主催の
コンサートに出演させていただきました。

その時は隣駅近くの市民スペースが会場でしたので、
今度はこちらの教会でコンサートを、とご計画くださっていました。

そして今回は少し特別な日で、
午前中には教会の創立23周年記念礼拝がもたれました。

私は午前の礼拝の中でもハープを弾き歌いさせていただきました。
皆様はきっと23年の月日を振り返りつつ、
お聴きくださったことでしょう。

続いて皆様と讃美歌を歌い、
牧師先生のお話を聞いて、
心が静まる礼拝のひと時でした。

午後のコンサートは13:30からでしたが、
外は本当に暑い!

来てくださる皆さん、大丈夫かしらと心配でしたが、
チラシなどをご覧になった皆様方が、ふるってお集りくださいました。

住宅街の中に佇む教会です。
少しわかりにくかったのでしょうか、
暑い中、30分も迷っちゃった、という方もいらっしゃいましたが、

それでも辿り着いていただけたこと、
本当によかったです。112.png

1時間のコンサートでは、アイルランド民謡やスコットランド民謡が
どのように日本に入ってきたか、

日本の音楽の基礎にどう影響を与えたか、
童謡を交えてお話ししました。

またハープが旧約聖書に出て来る楽器であることから、
楽器の歴史や、当時のハープ(十弦の琴)はどんなだったか、

もうそれは想像の域の話ではありますが、
私のオリジナル曲とともに、皆様にその雰囲気を味わっていただきました。

f0370762_11110092.jpg

初夏というよりは夏真っ盛りのような日曜の午後でしたが、
クリスマス以外のチャペルもよかったのではないでしょうか?

近隣の皆様に愛される教会、そんな温かい場所でした。
牧師先生をはじめ、教会の皆様のご丁寧な準備をありがとうございました。

だんだんと西陽が差し込み、
気が付いたら礼拝堂の温度も上昇していたようですね!

暑い中、来てくださった皆様、ありがとうございました!

今月はもう一ヶ所、埼玉の教会へ参ります。
ご都合よろしかったら、是非いらしてくださいませ。


7月10日(火)10:00〜
鴻巣福音自由教会(埼玉県鴻巣市大間4-2-46)
オリーブの会、バイブル&ミニコンサート
音楽ゲスト:KIKI(アイリッシュハープ弾き語り)
おはなし:淀野仰 副牧師
入場無料、ティータイム(軽食付き)にご参加の場合は会費¥300


[PR]
# by harp-by-kiki | 2018-07-03 11:22 | コンサート報告 | Comments(0)

夏のチャペルコンサート

f0370762_20471315.jpg

あっという間に梅雨のシーズンとなってしまいました。
一年も半分過ぎようとしているのですね。
早い〜。

今日は夏のチャペルコンサートのご案内です。
チャペルコンサートというと、クリスマスのイメージがありますが、

教会は一年中開いていますので、
夏もコンサートをしております。

今年は7月に埼玉県の教会2ヶ所で
コンサートをすることになりました。

両方ともまだ梅雨明け前だと思いますから、
ちょっとお天気が心配ですが、

お近くでしたら、是非いらしてくださいませ。
両方とも入場無料です。

7月1日(日)13:30〜14:30
ふじみ野キリスト教会(埼玉県ふじみ野市桜ヶ丘1-21-29)
教会23周年記念コンサート
出演:KIKI(アイリッシュハープ弾き語り)
入場無料

7月10日(火)10:00〜
鴻巣福音自由教会(埼玉県鴻巣市大間4-2-46)
オリーブの会、バイブル&ミニコンサート
音楽ゲスト:KIKI(アイリッシュハープ弾き語り)
おはなし:淀野仰 副牧師
入場無料、ティータイム(軽食付き)にご参加の場合は会費¥300

演奏予定曲目:庭の千草、アメージンググレース、KIKIオリジナル曲、ほか


[PR]
# by harp-by-kiki | 2018-06-17 21:09 | コンサートのお知らせ | Comments(0)
f0370762_19512944.jpg

少し前になりますが、ミュージシャン仲間と
ブルーノート東京へ行ってきました。

エドマー・カスタネーダというコロンビアのハーピストが
今回は自身のバンドを率いて来日していました。

彼のことは前にもブログに書いたことがありますが、
一回目はアメリカで演奏を聴いて、衝撃を受けまして、

二回目は上原ひろみとデュオでワールドツアーをした時に
銀座の王子ホールにて聴きましたが、
またまた素晴らしさに脱帽。

そして今回は三回目であります。

彼が弾いているハープは、特注品なのですが、
音としてはアルパであります。

アルパというと、『コーヒールンバ』が一番しっくりきますでしょうか。
南米の音楽ですね。

機能的にいえば、アイリッシュハープなどと同じ、
レバーハープで、しかもエレクトリック仕様です。

エドマーは、ジャネーラ音楽という
コロンビアのトラディショナル音楽を元に、
自身の世界を繰り広げています。

普通こういったトリオにはベーシストがいますが、
彼は左手でベースラインを、右手でメロディー、
そして両手でパーカッション、

という三役を一人でこなしているのです。
そんなハーピスト見たことありません。

友人いわく、「ハーピストなら絶対行くべき」
ということで、ブルーノートはちょっとお高かったのですが・・・

はい、その通り、行って大変よかったです。

リズム感が素晴らしい、テクニックも素晴らしい、
音楽への愛情が感じられる、楽しさが伝わる・・・

形容が難しいのですが、
その人でしかできないことは、一見の価値があります。
それこそ芸術です。

そしてエドマーはとても気さくで、芸能界のお友達も多いのですね。
近くのテーブルにはどこかで見たことあるような・・・

ハリセンボンの春菜さんとベッキーさんではありませんか!
お食事しながら聴いていらっしゃいました。

今回のライブツアーには、
ヴォーカリストの奥様がゲスト出演の予定でしたが、

体調不良で来日できなかったのが残念でした。
きっとセットリストも大幅に変更したことでしょう。

そんな中、とても印象に残ったのは、
エドマーの曲で『ナザレのイエス』です。

彼は熱心なキリスト教徒で、
いつもステージで天を指差して、(神様に向かって)拍手をなさいます。

自分にこんな賜物があるのは神様のお陰、と
謙虚な姿勢を見せるエドマーを、いつも素敵に思います。

良い演奏を聴きますと、モチベーションが上がります。
また頑張ろう、と思いました。

f0370762_19510461.jpg


[PR]
# by harp-by-kiki | 2018-05-16 21:09 | アーティストのコンサート | Comments(0)

KIKI・・・アイリッシュハープの弾き語りをして、リラックスタイムをお届けしています。ハープと音楽のことを中心に、日々の生活を綴っています。


by harp-by-kiki