カテゴリ:曲のご紹介( 2 )

ふるさとの小径

f0370762_18375688.jpg

なんだかすごい年代物の腕時計。
前の家で片付けをしていたら出て来ました。

たぶん小学生ぐらいの時に、
初めて買ってもらった腕時計です。
自動手巻き・・・というもの。

特にミッキーが好きだったわけではないのですが、
SEIKOのムーブメントだったから、買ったのかも知れません。

その時、「え、こんなんでいいの?」と父が言ったことも、
なぜか鮮明に覚えているのでした。

ネジを巻いたらしばらくの間動いていました。
でも半日ぐらいで止まってしまい、
『大きな古時計』の歌を思い出しました。

動かなくてもヤフオクで売れるようですが〜
取っておきましょう。

こういう懐かしい物との遭遇は、
タイムスリップするものですね。

今自分の生活が、生まれ故郷近くに移ったので、
日々の中で懐かしい思いに満たされます。

町中を歩いていて、
変わらない場所の風景に出会うと嬉しくなります。

子供の頃建て替えがあった小学校の鉄筋校舎がそのままだったり。
区役所がやっぱりそのままの建物だったり、

ピカピカじゃないのがこんなに嬉しいものかと
思いました。

イギリスなどでは、新しい家屋よりも
古いものの方が値打ちがあったりしますし、

徹底的に手直しして長く持たせるという考えが根付いていて、
それはとても良いことだなぁと思うのです。

懐かしい道を歩いていますと、
ここは◯◯さんちのクリーニング屋さん、
あそこは◯◯君ちの八百屋さん、

という他愛無い発見が嬉しいもので、
バスに乗る距離も歩いて行くのが楽しくなりました。

そんなノスタルジックな日々を過ごしながら、
最近『ふるさとの小径』という曲を作りました。

これはヴァイオリンとのデュオでやろうと思います。

初めて聴く曲でも、どこか懐かしく感じる、
そんな風に仕上げられたらと思っています。

4月には、アイルランド大使館で行われる、
あるお茶会でハープの弾き語りをすることになりました。

日本とアイルランドを繋ぐ、
ほんの一端として演奏できること、とても嬉しく思っています。

[PR]
by harp-by-kiki | 2018-03-21 20:34 | 曲のご紹介 | Comments(0)

ナイチンゲール

f0370762_14144958.jpg

Deborah Henson-Conantという、
とてもかっこいいハープのパフォーマーがアメリカにいます。

エレクトリックハープ奏者で、
ステージでは立ってハープを弾いて、歌っています。

正確にいうと、ギターのようにハープをストラップに付けて、
持って弾いています。

前にアメリカのニュージャージーに勉強に行った時に、
初めて生で彼女のステージを見て、
なんだかすごい方だなぁと圧倒されました。

DVDやらCD、記念に楽譜のピースも買いました。
(冒頭の写真、鳥の絵と「For KIKI」と書いたサインを頂いています。)

f0370762_21563974.jpg

彼女の曲はブルース調のものが多いのですが、
代表曲で "The Nightingale" というバラード調の曲があります。

これがとても胸を打つのでした。

ご自分のお母さんのことをナイチンゲール(夜に鳴く鳥)に例えています。
彼女が幼い時に、子守歌をよく歌ってくれたのでしょう。

その歌は、

「誰がナイチンゲールのために歌を歌うの?」
という問いかけから始まります。

「夜が終わって明るくなり、今度はナイチンゲールが眠る時に、
一体誰が彼女のために歌ってあげるのでしょう?

私はその歌声に芯から癒されたのだけれど、
そんな優しい歌を歌ってくれたナイチンゲールが、

夜が明けて、疲れて眠りたい時に、
誰が彼女に子守歌を歌ってあげるのかしら?」

なんとも思いやりのあるお子さんだったのですね。

子育てをしていると、
疲れてしまうこともあるでしょうけれど、

こんな風にお子さんが、
疲れたお母さんのことを心配してくれるとしたら、

こんな風に見ていてくれているのだったら、
疲れも吹っ飛んでしまいますね。

新しいハープでの弾き語り曲として
レパートリーに入れたいと思います。

弾いていて、歌っていて、
私もほっとするものがあって、癒されています。026.gif


[PR]
by harp-by-kiki | 2017-02-20 17:12 | 曲のご紹介 | Comments(0)

KIKI・・・アイリッシュハープの弾き語りをして、リラックスタイムをお届けしています。ハープと音楽のことを中心に、日々の生活を綴っています。


by harp-by-kiki