<   2016年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

f0370762_18191047.jpg

先日は、市ヶ谷の日本ヴォーグ社にて、
第8回日本メタルエンボッシングコンベンションが行われて、
伺ってまいりました。

本当に私でよいのでしょうか、という思いでしたが、
栄えあるこのアート展の特別審査員を務めさせていただきまして・・・。

錫(すず)を材料にした手工芸で、
イギリスから発祥してスペイン、メキシコへと受け継いだアートで、
とても気品があります。

初めて実際に拝見する作品でしたが、
それはそれは緻密で、手が込んでいて・・・
それぞれの皆さんのセンスが光る力作揃いでした。

キラキラとした存在感のあるアートですが、
作品を作る工程は、きっと地道なものだと思います。

音楽を演奏する者として、そこには共通点を感じます。
手で、指で音を紡ぐという作業、
耳で聴きながらの日々の音作りは、

皆さんが作品と向き合っている状態と
同じように思います。

こうして形になっていくことは、
子供を育てているのに似たものがあることでしょうね。

いろんなことを思いながら、一つ一つ拝見させていただきました。
どれも素晴らしく、選ぶことの難しさを思いました。

f0370762_10273179.jpg

そしてその翌々日、
授賞式と懇親パーティーが某レストランで行われて、
その中でハープ弾き語りのミニコンサートをいたしました。

ご一緒した審査員の皆様の中には、
アイルランドの音楽や文化に詳しい先生方もいらして、
楽しくお話しさせていただきました。

同じヨーロッパ由来のアートに、
相応しい選曲ができていたら嬉しく思います。

アンコールをいただいて最後に演奏しましたのは、
メタルエンボッシングがヨーロッパの教会のイコンに起源があることから、

アイルランドの古い讃美歌をゲール語と英語、
日本語で歌わせていただきました。

皆様の気持ちが汲み取れるような
和やかで静かな時間、親睦の時でした。

その日は日本全国からお集りになったとのことで、
休憩スペースでは各地の美味しいお菓子が!
(ご馳走さまです。)

是非また素晴らしい作品を作っていただけたらと思います。
そして授賞された皆様、おめでとうございました。

初めての経験でしたが、とても楽しませていただきました。
皆さま、ありがとうございました。

f0370762_18555965.jpg



[PR]
by harp-by-kiki | 2016-11-23 23:41 | コンサート報告 | Comments(0)

イベントコンサート


f0370762_23084239.jpg

港区赤坂のクラシック系ライブハウスのイベントに
出演することになりました。

今回はイングリッシュ・ティーパーティーということで
お声をかけてくださいました。

以前こちらでは、『ハープと香りのコンサート』という
KIKIのソロコンサートをさせていただいた所です。

f0370762_07412902.jpg

その時もこのような美味しいスコーン↑を焼いてくださり、
皆様にはイギリスをテーマにした音楽を聴きながら、
アフタヌーンティーをお楽しみいただきました。

イギリス式アフタヌーンティーは濃い紅茶にミルクが
定番ですが、

その時は「香り」をテーマにしましたので、
ハーブティーはKIKIのセレクトでした。

寒い季節だったので、風邪予防のティーなど、
それもなかなか好評だったのです! 012.gif

ライブハウスというと夜がメインになりますが、
こちらはクラシック系、明るい昼間も
オープンにしたいということで、

現在いろいろな企画を考案中だそうです。

ミュージックスクールもこれから展開なさるそうで、
様々な楽器や声楽のグループレッスンなど、

ご希望の方が5人以上集まれば開講ということで、
アイリッシュハープ弾き語りのクラスも検討中です。

ご興味のある方に、このイベントの後でプチ説明会をする予定です。
(弾き語りレッスンについては、後日もう少し詳しく載せますね。)

さて、当日はどんなアフタヌーンティーになるでしょう。

ゆったりした、そしてイギリス風のちょっと優雅な、
そんなアフタヌーンティーの会になるのでは、
と予想しております。

出演者はもう少し増える予定だそうで、
どんなイギリス音楽が展開されるでしょう・・・
私も楽しみです。

パーティー形式のようですが、
どなたでもご参加いただけます。

是非お気軽にいらしてください。
ご予約お待ちしております。

☆11月30日(水)14:00〜16:00

 カーサクラシカ(港区赤坂)

 イベント〜ENGLISH TEA PARTY〜

 出演:KIKI、ほか。(ゲストリコーダー:若林いづみ)

 料金:1700円(アフタヌーンティー付き)

 *ご予約はカーサクラシカ (Tel:03−3505−8577)

  またはKIKIまで。



[PR]
by harp-by-kiki | 2016-11-17 23:44 | コンサートのお知らせ | Comments(0)
f0370762_20554607.jpg

ここのところずっと、アイリッシュハープではなく、
クロスストラングハープという特殊なハープを弾いていました。

教会で結婚式がありましたので、
アンサンブルグループの中での演奏で、
このハープが必要だったのでした。

弦の数は51弦、半音弦も張ってあるハープです。
そして奏法が普通のハープとは全く違う、
ちょっとクセのあるハープです。

これを弾く時は、アイリッシュハープのことを
忘れなければならない、そんな独占的な存在です。

深みがあって、とてもいい音なのです。
日本に数少ない楽器、そして私はその奏者の一人でもあります。

今回は、全曲をこのハープで弾いたので、
アイリッシュハープをしばらく封印して、
クロスストラングだけにその期間、専念しておりました。

でも、終わってから思いましたのは、
もう少し普段から仲良くしておく必要があった、ということです。

楽器との一体感が、常に練習しているハープとは
明らかに違うのでした。

たまにしか弾かない場合、楽器の方からも
「あなた誰だっけ?」
というリアクションがあります。

楽器を複数持っていると、必ずこういう問題があって、
なかなか平等に弾く時間がないのが残念なところです。

楽器は手作りなので、一つ一つ違いますし、
その個性を奏者は引き出さないといけません。

まだまだ私は、この楽器の良さを出せていないことを思いました。
向き合うためには、時間をじっくりかけないといけないです。

なんとなく人間関係の構築に類似したものがありますね。
ある意味難しく、でもわかり合えた時はよいハーモニーができる。

作り上げていく過程は長く、少しずつ、という原則も
同じかも知れません。

そういう時間を大切にしたいですね。

そしてそんな風に、楽器との良いハーモニー、
自分らしい音を作っていけたらと思います。

〜本日演奏した曲目〜
・いつくしみ深き
・ピエイエス
・暖炉の前で/KIKI
・アメージンググレース

[PR]
by harp-by-kiki | 2016-11-06 14:57 | 楽器(ハープ)のこと | Comments(0)

KIKI・・・アイリッシュハープの弾き語りをして、リラックスタイムをお届けしています。ハープと音楽のことを中心に、日々の生活を綴っています。


by harp-by-kiki