<   2017年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

f0370762_21252684.jpg

私にとって懐かしい写真ですが、
これは二回目にアイルランドへ行った時のこと、

コンサーティーナ(アイルランドのボタンアコーディオンの類)を教えて頂いた先生が、
スライゴーという街のパブで演奏していると聞いて、伺ったのでした。

ライブ演奏といってもステージでするわけではなく、
普通にお客さんが飲んだり食べたりしているところで

こうして輪になってプロのミュージシャンが演奏しているのでした。

聴いている人も聴いていない人もいるような環境です。
でも、この生演奏があるかないかでは、
お店の価値が全然違うのでした。

コンサートホールでシーンと聞くのではなく、
日常の中に生きているのがアイルランドの音楽なのでした。

そこで演奏されているのは、伝統音楽で、
いわゆるケルトミュージックです。

これは、日本でよく聴くような『庭の千草』とか
『ダニーボーイ』などのアイルランド民謡というものとは
かなり違います。

もっとダンサブルな・・・そう基本はダンスミュージックなのでした。

ヨーロッパの皆さんに欠かせない、歌と踊り。
それは、普通にクラシック音楽にも使われているので、

西洋音楽の基礎、とでもいいましょうか。
生活に浸透している音楽なのでした。

そして私は、そういったケルト音楽専門の演奏家ではないのですが、
もちろんこのジャンルは、見逃せないのであります。

もっと取り入れたいな、勉強してみたいな、という思いから、
先日都内で開かれていた、初心者向けのケルトセッションへ参加させていただきました。

f0370762_22065697.jpg


高円寺のライブハウスを午後中使わせていただいての
練習&セッション会でした。

使われている楽器は、ティンホイッスル(笛)、
フィドル(バイオリン)、アコーディオン、バンジョー、
ハンマー・ダルシマー(打楽器)、バウロン(打楽器)などです。

たぶん普段あまり耳にしない楽器かと思いますが、
これが伝統的なケルト音楽に使われているものです。

アイリッシュハープももちろん入っているのですが、
本場アイルランドでも人口は少ないようです。

たぶん楽器が重いのと、場所を取るなどあって、
私もアイルランドのパブセッションでは、あまり見かけませんでした。

今回のセッションでもハープは私一人でありました。
でも皆さんが温かく迎えてくださり、
最後まで楽しく参加させていただきました。

事前に練習できるように、課題曲を3曲いただいていましたが、
私はちょっと時間がなく、2日前にようやく楽譜をダウンロード、

それから覚えるのには、時間が足りませんでした。💦
(基本、ケルト音楽は譜面を見ません。)

今回はJig(ジグ)と呼ばれる8分の6拍子の曲だったのですが、
まぁそのテンポの速いこと速いこと・・・

必死でした。105.png
今度からもう少し練習して出かけたいと思います!

練習の後は、セッションタイムで、
次から次へと曲が移っていき、絶え間なく続きます。
(ますますこれは覚えていないとできません!)

その後のオープンマイク(ソロやグループで演奏する時間)にも
ハープ弾き語りで参加させていただき、

懇親会にも残らせていただいて、
長い午後でしたが、なんとも楽しい時間でした。

そして、お食事が終わるやいなや、
いつの間にか再びセッションが始まり・・・

そう、食べることよりも演奏することが好きな皆さんなのでした。🎶

Facebookを始めたお陰で、いろいろな繋がりができて、
今まで知らなかったような集まりに参加できたことは、とてもよかったです。

こういう会が続いているということは、
まとめてくださっている運営の方々のお陰なのでした。

そして快く長時間、お店を貸してくださっている
ライブハウス(高円寺グレインさん)の心遣いもあってのことでした。

皆様、本当にありがとうございました!
また参加させていただきたく思います。101.png


[PR]
by harp-by-kiki | 2017-07-26 22:07 | アンサンブル | Comments(0)
f0370762_22503849.jpg

まだ梅雨が明けていないというのに、
すでに猛暑の予感。

すごく暑いですね。
そして日差しの強いこと。

確実に地球温暖化が進んでいることを
実感しています。

それに伴う異常気象現象が、
世界のあちこちで起こっていますね。

この度、九州地方の大雨で被害に遭われた皆様へ
お見舞い申し上げます。

一日も早く元の生活に戻れますように
お祈りいたします。

今は雨は止んでいますでしょうか。
逆にとても暑くなっているのではないかと心配されます。
どうぞお気をつけください。

ここ数日は、関東地方でも35度を超えるところがあるようですね。

私は夏生まれなので、暑いのは全く平気でしたが、
最近は昔の暑さのレベルを遥かに超えていますから、
そうもいかなくなりました。

暑さの影響でとても仕事の効率が悪く、
やらなければならないことが山積みになっています。💦

がんばらなくちゃ!

今週、一つライブがあります。
夜ですので、夕涼みにいかがでしょう。

よかったら是非お越しください。特に予約はいりません。


Live Cafe Sala(赤坂駅徒歩3分)
♪Sala presents Live ♪
7月13日(木)19:30〜(開場19:00〜)
出演:KIKI(アイリッシュハープ弾き語り)、八木愛介(ギター/vo.)
チャージ:¥2,000(ドリンク込み)



[PR]
by harp-by-kiki | 2017-07-10 23:11 | コンサートのお知らせ | Comments(0)
f0370762_21082351.jpg


先週、千葉県八街(やちまた)市にあります
『風の村保育園八街』へ行って参りました。

そちらの保育園では、年に一度、
園児さんたちに生の音楽を聴いていただく機会を作っているそうです。

そして今年は、KIKIのハープ弾き語りコンサートを開いてくださいました。

実は以前こちらには、一度伺わせていただいたのですが、
それはもう5年前でした。

でもこうして覚えていてくださり、リピートしていただけて、
大変嬉しいことでした。

1歳〜5歳のお子さんたちがホールに集まって、
さぁ、音楽会の始まりです。

f0370762_21224233.jpg

幼児向けコンサートでは、紙芝居を見るようなストーリーを考えて、
プログラムを作っています。

オリジナル曲を中心に、そして、
ずっと歌い継がれてほしい日本の歌なども。

保育園に来ているお子さん方は、
どうしてもご家庭で過ごす時間が他の子に比べて少ないと思いますが、

皆さんがおうちの方から大切に思われていること、
一人一人が大事な存在であることをメッセージにして、

お子さんなりに温かい何かが感じられるような
コンサートにしたいといつも思っています。

ハープの音を聞いて、歌を聞いて、
それぞれの感想をおうちに持ち帰ってほしいというのが願いです。

今のお子さんたちはゲームなど、一見便利な遊びが豊富な時代ですが、
そういった画一化されたものではなくて、

五感をとおして、それぞれが違った思いを巡らすことの方が大切ですし、
豊かなイマジネーションを育てられるように思います。

f0370762_21345922.jpg

5年前と変わらず、森に囲まれた素晴らしい環境でした。
お子さんたちはのびのびとしていて、楽しさを素直に表現してくれるのでした。

終わってから一人一人と握手しました。
感想を言ってくれる子もたくさんいて、
とっても励まされました。

ハープを持って旅をしているKIKIさん・・・(と、自己紹介しています。110.png
またみんなのところに寄れたらいいなと思います。

先生方にも大変お世話になりました。
ありがとうございました。

風の村保育園八街のみなさん、
どうぞお元気で、またお会いしましょう!

[PR]
by harp-by-kiki | 2017-07-02 21:51 | コンサート報告 | Comments(0)

KIKI・・・アイリッシュハープの弾き語りをして、リラックスタイムをお届けしています。ハープと音楽のことを中心に、日々の生活を綴っています。


by harp-by-kiki