人気ブログランキング |

<   2018年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

仕事納めでした

f0370762_19593186.jpg

ある演奏の日に持参した
Demerara Bakeryのスコーンです。

コンサートが13時開始となると、
どこかでお昼を済ませたいわけです。

でも移動中にお店に入るのは
荷物が多くてかなり大変なこと。

かと言ってお昼抜きではヘロヘロになるタイプです。119.png

ですので必ず何かしらを持参して、
どこかでささっと食べちゃいます。

食べるのは早い方なので、
こういう時にやっとその特技が活かされます!

その日は駅の構内にある、
ちょっとした待ち合わせスペースを発見。

10分未満で無事お昼終了となりました。111.png

f0370762_19330708.jpg

本年最後のコンサートは、
素敵なクリスマスツリーの横です。

引っ越す前に毎年伺っていた場所へ
また今年も呼んでいただいて、嬉しいです。

今年も無事終わったなぁ。
毎回お天気が良くて移動が楽だったなぁ・・・。

ホッとしつつ、一つ一つ感謝なことが思い浮かびます。

そして27日にはレッスンをして、
今年の仕事納めとなりました。

年末はちょっとゆっくり
他の方のライブに行ったり、
お買い物などをして、過ごします。

そして1月のKIKIのライブもそんなに遠くなく、
早速準備に入るところです。

年末年始は寒波が押し寄せるとのこと。
どうぞ皆様もお気をつけてくださいね。

by harp-by-kiki | 2018-12-29 10:08 | 日々のこと | Comments(0)

新春ライブのお知らせ

f0370762_21425643.jpg

来年の話なので、なんだか先のことのように感じますが、
もう一ヶ月を切っていますので、お知らせします。

久しぶりに巨人のシチューハウスさんで
ライブをいたします。
今回はKIKIのソロです。

ここは本当に
アイルランドのパブのようなところなのです。

アランさんという陽気なアイルランド人シェフのお店で、
お味はもちろん、本場モノであります。

ギネスシチューやソーダブレッドなど、
日本ではまだ、お店で食べられるところは少ないと思いますが、

他にもいろいろ、アイルランドが宝箱のように
詰まったお店です。

戸越銀座商店街の中にありますので、
カジュアルでリーズナブルなところも嬉しいです。

時折ミュージシャンによるライブがあって、
アイリッシュ音楽を中心に盛り上がっています。

寒い頃ですので、美味しいシチューで温まりながら、
静かに奏でられるハープと歌はいかがでしょうか。

当日はCDの販売もいたしますのと、
前回ブログでご案内したレッスンについて

ご質問がある方がいらしたらお受けしますので、
どうぞ終わってからお声をかけてくださいね。

それから、20名様と少しのスペースとなっておりますので、
ご予約をよろしくお願いします。

では、ご連絡お待ちしております。

♪Live Information

2019年1月19日(土)巨人のシチューハウス(戸越銀座商店街内)

Tel: 03-6426-7803

KIKI's Harp & Voiceコンサート

Open: 18:30 Live time: 19:00~20:15

チャージ:¥1,000(その他、お食事とお飲み物のオーダーをお願いします。)

お席に限りがありますので、ご予約をお願いいします。

Facebookページからメッセージ、お店へ直接お電話、または、

KIKIのホームページのお問い合わせフォーム(←クリック)からご連絡ください。


by harp-by-kiki | 2018-12-23 23:47 | コンサートのお知らせ | Comments(0)

レッスンについて

f0370762_22180252.jpg

昨年まで千葉県の方に住んでおりまして、
そこではごくごく数名の方に

初心者の方のアイリッシュハープやヴォイストレーニング、
アンサンブルのレッスンをしておりました。

特に募集はしていませんでしたが、
個人的にご依頼があった時に、のんびりとやっておりました。

そして今年(2018年)都内に引っ越したことから、
レッスンのお問い合わせを頂くことが増えてまいりました。

秋頃からいろいろと音楽環境が整ってきましたので、
ここ世田谷区にて、ワンレッスン制でのレッスンを始めました。

今はアイリッシュハープ教室もたくさんありますので、
一体どんなお役目を果たせるのかと考えた時に、

私自身が持っているものをお分けできるような、
レッスンができたらと思いました。

そのきっかけは、これまでに私のアレンジした曲の
演奏をYoutubeに載せていたところ、

いろいろな方から、楽譜は売っていないのですか?
と聞かれることが多くありました。

なんと海外の方からも
お問い合わせをいただくことがありました。

でも売っていません。その予定もないのです。
きちんと売れるような楽譜にしていないですし、

それはあくまでも、自分が弾きたいフレーズであったり、
弾きやすかったりするアレンジであるからなのでした。

特に弾き語りのハープパートなどでは、
声や歌い方に合わせて、心地よく弾きたいのでした。

そして思いましたのは、

演奏したい曲を自分で編曲するのは楽しいことですし、
音楽が自分のものとして身につくので、

そんな方法をお教えするレッスンができたら
楽しい時間になるかしら、
いろいろ応用できるのではないかしら、

という発想で結びついたのが、
KIKIのレッスンコンセプトです。

そしてハープは、私が実際に活動しているサイズ、
小型アイリッシュハープ(22弦〜28弦)のためのレッスンです。

このサイズのハープは持ち運びを考えた時に、
一番実用的な大きさ、重さです。

折角ですのでどんどん持ち出して頂きたいですし、
そのような方のお手伝いができたらと思います。

ゆくゆくは自分でアレンジできるようになりたい、
ハープと一体感を持って、自由な発想で弾いて行きたい、

そんな方向けのレッスンを考えています。

また、ハープの経験が全くない方でも、
そんな思いを持っていらっしゃる方でしたら、
無理なく始めていただけると思います。

詳細はホームページサイトの中の レッスン
の中に書かせていただいていますので、
ご覧ください。

ハープは演奏の場所や機会、目的が様々で、
とても多様性のある楽器だと思います。

そして小さなハープでも、
工夫次第でいろいろできるという
可能性を持っています。

どんなことをハープでやっていきたいか、
お一人お一人のご希望を聞けるのを楽しみにしています。

by harp-by-kiki | 2018-12-19 11:57 | レッスン | Comments(0)
f0370762_18160698.jpg

毎年、ケルティッククリスマスに行きたいなぁと
駅などで見るポスターを横目に、足早に通り過ぎておりました。

いつもその当日か翌日に自分のコンサートが入っていて、
行ったことがなかったのです。

コンサートを翌日に予定している時は、
念のため、人込みのある場所への外出を控えているのでした。

でも今年は何としても行きたい!と思いましたのは、
ハープとフィドルのカトリオーナ&クリスが出演するからでした。

ということで、夏頃に早々とチケットを買いました。
そして今年、その日と翌日はオフでしたので、
気兼ねなく存分に楽しむことにいたしました。🎶

会場は錦糸町のすみだトリフォニーの大ホールです。
ミュージシャン仲間にもたくさんお会いいたしました。

ケルト系の方は毎年来ているという人も多く、
一年の行事にしっかりと組み込まれているのですね。

f0370762_19495283.jpg

本日の出演は、若手のグループとして、
”イーストポインターズ”という、アイリッシュトラッドをベースに
コンテンポラリーな楽曲を展開しているグループと、

お目当の"カトリオーナ&クリス"と、

そして老舗の"アルタン"

この3組によるトラッドの祭典でありました。

それぞれ、カナダ、スコットランド、アイルランドと
出身が違いますので、テイストが異なり、

それがまた絶妙であり、
バラエティーに富んだケルト音楽を楽しませていただけるのでした。

たくさんの方が聴けるとようにと、
ホールでのコンサートになっていますが、

本来はライブハウスのような場所で聴きたい、
そんな音楽であり、アーティストの皆さんでした。

カトリオーナのハープを初めて生で聴きましたが、
素晴らしい!の一言です。

アンサンブルとしても素晴らしいのですが、
個人の技量の高さは果てしなく、

テクニックにしても表現にしても、
彼女ならではのオリジナリティーがあるのでした。

それはなかなか真似できるものではないのですが、
大いに刺激を受けました。

本当に聴けて良かったです。
この10年の希望がやっと叶ったのでした。

最後に全員で 『きよしこのよる』を
恐らく即興で演奏してくれたのですが、

それぞれの個性を存分に出しつつも
統一された音楽へと持っていけるところに、

へぇ〜そういう感じになるのね、という
感動がありました。

今回はアイリッシュダンサーもお一人いらして、
何曲かコラボがありました。

アイリッシュダンスはタップダンスに近いものがあるので、
パーカッションの役割にもなっていますね。

視覚的な楽しさもあって、
見ている方もつい足を鳴らしたくなるようなステージでした。

クリスマスシーズンの合間のコンサート鑑賞でしたが、
素晴らしいものを与えていただいて、
さぁまたハープと出かけよう、という元気を得た夜でした。

f0370762_19500622.jpg
       


by harp-by-kiki | 2018-12-14 22:51 | アーティストのコンサート | Comments(0)

デュオ演奏

f0370762_19595206.jpg


生活クラブ風の村グループの創立20周年記念ということで、
今回はKIKI&Tactで呼んでくださいました。

20周年おめでとうございます。
本日は、社員の皆様とご家族のためのイベントでした。

会場は千葉県流山市の生涯学習センター。
古巣ですので懐かしいです。

振り返りますと、今年はKIKI&Tactでの
演奏の機会が結構ありました。

このデュオでは、通常私がソロでやっているいろいろな曲に、
フィドル(ヴァイオリン)が一味違ったテイストを加えて、

全く別のものを作る、というコンセプトで始めました。

フィドルとハープのためのオリジナル曲も
いくつか作ることができたので、新境地を開けたでしょうか。109.png

f0370762_21124917.jpg

ここでの役割として、ハープは約半分伴奏に回りますので、
新たに伴奏譜を書いています。

フィドルの譜面は、メロディーとコードと
特に弾いてほしいフレーズを書いて渡して、
あとは全てお任せです。

つまりアドリブを披露してくれて、
それが毎回違うので、いつも楽しみなのでした。

今回は関係者のみのイベントでしたので、
皆様にライブ告知はできませんでしたが、

もし機会がありましたら、
是非このデュオも聴いてくださると嬉しいです。110.png

今回は一曲、KIKIの弾き語りでも取り入れた、
13世紀の中世音楽をデュオでもやってみました。

ヴァイオリンが入るととても音に重厚感が加わり、
何ともいえない世界が出来上がります。

本日のお客様は小さなお子様も多かったのですが、
その曲をご披露したその時、

一番前にいた小さなお子さんが、
急に大泣きし始めてしまいました。💦

これはとても珍しいことでした。
そのリアクションに私の方がびっくり146.png

ルネッサンス期のヨーロッパならではの
透明感がある美しいカノンなのですが、

言葉もラテン語でしたし、
確かに現代とはかけ離れた響きがしますので、

う〜ん、なんとなく怖かったのかも知れません。
(ごめんなさいねー。)

でもちょっと趣向が変わっていたので、
大人の皆様には好評でした。105.png

CDの宣伝はしませんでしたのに、
わざわざお買い求めくださった方々、ありがとうございました。

私の次回作には、是非このデュオでの曲も収録したいです。

お昼は生活クラブさんの、
美味しい自社食材を使ったカレーをいただきました。

それが本当に美味しいのです。
ご馳走さまでした。

今年のKIKI&Tactのデュオは、本日が弾き納めでしたが、
それぞれ、まだ12月の演奏が続きます。

Tact(=山田拓斗さん)の方は
甲斐よしひろさんをはじめとするミュージシャンサポートや

幅広いジャンルのライブをしている
マルチヴァイオリニストです。

グルーヴ感たっぷりなライブを
年末まで展開していますので、是非オススメです。

本日は生活クラブ風の村グループの皆さま、
ありがとうございました。

是非また皆さまにどこかでお会いできたら嬉しいです。

by harp-by-kiki | 2018-12-02 20:20 | コンサート報告 | Comments(0)
f0370762_20331794.jpg


よくハープは何キロぐらいあるのですか?
と聞かれるのですが、

ハープはコンサート用に軽量化をしましたので、
ケースに入れても4キロぐらいと思います。
(ハープは28弦です。)

それ以上に重いのが、機材が入っているピンクのスーツケースで、
12〜13キロぐらいです。

その他バッグなどの手荷物と合わせると、
やっぱり全部で20キロ近くになっちゃうのでしょうか。

もうこれ以上何も持てない〜というのが
私の移動時の状況です。

もう慣れてしまってはいますが、
コンサートは毎回体力勝負なのでした。

そして今日は運悪いことに、
駅に着くと電車がストップしていました!

しばらくして動き出した電車には人がいっぱい。
これだけの荷物があると、満員電車には乗れないのです。

何台か見送って、なんとか乗れましたが、
今度は新宿で乗り換えた湘南新宿ラインも、
架線トラブルで大幅に遅れているではありませんか!

師走ってこうなんですね・・・。

開場の1時間半前には着くはずでしたのに、
ずいぶんと時間をロスしてしまいました。

でもセッティングの時間は十分ありましたので、
影響がなくてほーっといたしました。112.png

そして今日も
元気いっぱいに弾き語りをして参りました。🎶

鴻巣福音自由教会のクリスマス讃美の夕べにて、
今回は、世界の讃美歌の歴史に触れていただけるような、

そんなプログラムをご用意いたしました。

イギリスの13世紀に遡って
ラテン語の讃美歌の弾き語りをしたり、

日本においては
明治時代に歌われていた讃美歌をご紹介したり、

30分のミニコンサートでしたので、
ざっくりとではありましたが、

意外と日本人にとって身近だった『讃美歌』という存在を
お話として語らせていただいたりしました。

会場の皆様に「へぇ〜」と思っていただけると、
大変嬉しいですね。

今回、電車の一件で慌しくなってしまって、
写真をお願いするのを忘れてしまいました。
本日の写真が1枚もないのが残念です。💧

8つのテーブルに作られたお席は全部埋まっていて、
本当にたくさんの方が来てくださいました。

コンサートと平井正治先生のクリスマスメッセージの後は、
お菓子とサンドイッチのティータイムでした。

なんとも温かいお気持ちのおもてなしでした。
嬉しいクリスマスの始まりです。

鴻巣福音自由教会の皆様、ありがとうございました。

さあ、明日もコンサートに出かけて参ります。



by harp-by-kiki | 2018-12-01 23:59 | コンサート報告 | Comments(0)

KIKI・・・アイリッシュハープの弾き語りをして、リラックスタイムをお届けしています。ハープの楽しさをお伝えしたく、各種レッスンも開催中です。


by harp-by-kiki