タグ:アイリッシュハープ ( 52 ) タグの人気記事

はじめに

f0370762_19315884.jpg

♫ようこそ、Harp by KIKIのブログへ♪


アイリッシュハープの弾き語りをしています。

このブログでは、ハープのこと、音楽のこと、

そして日々のことを綴っています。

いにしえの吟遊詩人のように、

いろいろな所で

明日も明後日も歌っていきたいです。

 

〜 Lesson 〜

・小型アイリッシュハープ(22弦〜26弦)


1. ハープを両手で弾ける方が対象のレッスン

オリジナルアレンジの楽譜を作って、表情ある演奏を目指す、ユニークなレッスンです。

音楽を作る過程を学ぶことにより、曲をより自分のものとして捉えられるので、

自信を持った演奏になります。

また、「暗譜をする」のではなく、自然と覚えることができるため、譜面を見ないで

演奏することも身についていきます。

人前で演奏する、しないに関わらず、音楽を作る楽しさを味わえるレッスンです。


2. 初心者・入門の方が対象のレッスン

基本的な奏法から入って、両手で弾けるようになりましたら、アレンジ法を加えます。

それぞれのペースに合った、ご自分らしい音楽をご一緒に作りたいと思います。


・ハープ弾き語り

弾き語りは、右手と左手と声が織りなす立派な「アンサンブル」です。

伴奏しながら歌う、以上の一体感ある弾き語りのレッスンです。


・ミックスボイスによるヴォイストレーニング

クラシックの声楽ではない声の出し方、自然な発声で均一な音色を出すレッスンです。

弾き語りに応用したい方を対象としています。


・アンサンブルグループ(楽器問わず)の演奏指導

ハープのデュオ、またハープと他の楽器とのアンサンブルをしている方のための

グループレッスンです。


レッスンは自宅(東京都世田谷区)、または出張も行っています。

1レッスン制ですので、自由に日時をご相談できます。

Dusty Strings FH26、Eve(22弦)、Brittany(22弦)がありますので、

手ぶらで来ていただくことができます。


詳細は、ホームページ『Harp by KIKI』のお問い合わせ↓からご連絡ください。

  


[PR]
by harp-by-kiki | 2018-12-31 20:46 | ご挨拶 | Comments(0)

モンセラートの朱い本

f0370762_23191779.jpg


スペインのモンセラートに、黒いマリア像が置かれている
モンセラート修道院があります。

それは山の上にあって、続々と巡礼者が登って来る教会で、
私もかなり昔、観光で行ったことがありました。

そのモンセラート修道院に伝承される讃美歌集が、
『モンセラートの朱い本』として知られています。

14世紀と古いですが、写本として残っていますので、
空想の世界ではなく、きちんとした史上に残る音楽です。

静かな音楽もあり、踊るような音楽もあります。

上の写真は、銅版画家の山本容子さんの作品集『エンジェル・アイ』にあった
モンセラートの朱い本の中の歌です。

マリアのところに天使ガブリエルが現れ、
受胎告知(キリストを身ごもっているという知らせ)の場面です。

いろいろな西洋絵画にあるテーマですから、とても有名ですね。
この銅版画も素敵でワクワクします。

クリスマスは来月ですが、
今日などはまだ昼間は20度ぐらいあって、
半袖の人もちらほら。

なんだかどの季節にいるのかわからなくなりそうですが、
冬は近づいていて、クリスマスも年末ももうすぐ。

今年も教会でコンサートをします。
そして、このような中世音楽もプログラムに入れたいと
思っています。

毎年テーマを決めますが、
今年は讃美歌の歴史を辿るような内容にしたいと思っています。

写真の左下にある鈴は、年に一度、この時期に使っています。

足に着けて鈴の音を鳴らすための楽器で、
トナカイのソリを思わせる鈴の音です。

近年はこの音を聞くと、クリスマスが来るのだなぁ、と
感じるようになりました。

そして今年のオープニングは、
クリスマスキャロルのメドレーにしました。

練習しつつ、クリスマスを先取りしています。
来月はぜひ皆様にとって、楽しいクリスマスとなりますように!


[PR]
by harp-by-kiki | 2018-11-11 00:22 | 演奏曲目 | Comments(0)

デュオライブ in 船橋

f0370762_20333085.jpg


9月15日は、船橋の、とある臨時カフェにてランチコンサートでした。

あいにくの雨でしたが、続々とお客様が来てくださり、
ハープとフィドル(ヴァイオリン)のデュオコンサートをして参りました。

私はこちらで何度もソロをさせていただいていますが、
このデュオでは初めてです。

まず最初に説明させていただいたのは、
前回のブログに書きましたように、
ヴァイオリンとフィドルの違いでした。

Tact(=山田拓斗、ジャズフィドラー)の
アメリカンルーツミュージックのテイストが入った、

クラシックではないヴァイオリンということで、
皆さんとても興味津々だったようです。

実際お聴きになってみて、ヴァイオリンのイメージが
かなり変わったのではないかと思います。
そしてとても楽しかった、というお声が!

ヴァイオリンってこんなこともできるんですね、
そんなご感想がありました。

私も普段ソロでは演奏しないような曲として、
”テネシーワルツ”を入れました。

アメリカのカントリーウエスタンというジャンルです。
歌としては超スタンダード、日本では江利チエミさんが歌っていましたので、
難しいこと!

でも、バックでフィドルがとても聴かせてくれるのでした。
私一人ではできないことです。

今回デュオのために私が作曲した”スキップ”という曲は、
なんともエネルギッシュ、今までにないタイプです。

ギターリフが入っているような曲を作りたくて
ハープを意識しないで書いた曲ですが、

グルーヴ感あるTact君のヴァイオリンにぴったり。
私としては大満足です。

次回は12月に千葉県流山市にて、
KIKI&Tactのコンサートをしますが、

なんとクローズド(関係者のみ)のコンサートであることを
昨日知りました!

ですので告知できずに残念ですが、
また機会を作りましょう、と思います。

来てくださった皆様、主催の高根台サポートハウスの皆様、
本当にありがとうございました。

[PR]
by harp-by-kiki | 2018-09-17 22:04 | コンサート報告 | Comments(0)

秋のコンサートはじめ

f0370762_16530100.jpg

今年は長く夏休みを取っておりましたのと、
加えて途中でパソコンの不具合があったりして、
大変久しぶりの更新となりました。

本当に暑い夏でしたね。
災害も多く心痛みます。
各地での復興が一日も早く進みますように。

そんな夏ではありましたが、
お休み中に2曲ほど新曲を作りました。

ヴァイオリンとハープのための曲で、
バラードともう一つは少しアップテンポな曲です。

早速9月からのコンサートで披露したいと思っています。
そして、この秋の第一弾は、 KIKI&Tactで始めます。

メンバーを紹介しますと、(というか二人だけですが。)

On ハープ、KIKI
On フィドル、Tact(=山田拓斗、上の写真ではマンドリンを演奏しています。)

このフィドルというのは何かと言いますと、
ヴァイオリンのことです。

楽器自体は同じですが、アイルランドや
アメリカのルーツミュージックなどの音楽を奏でる場合、

ヴァイオリンではなく、フィドル、とあえて言います。
そしてそういったヴァイオリン弾きを「フィドラー」といいます。

こういった非クラシック系のミュージシャンの皆さんは、
コード譜があればOKなので、譜面作りがとても楽で有難いです。

事前リハも一回だけ、あとは当日の雰囲気で音楽を作ってくれるのです。

ですので、当の私自身も、仕上がり具合は
当日のお楽しみなのです。
すごいスリリングでしょー。106.png

普段はジャズやブルーグラスを専門にしているTact君と
今年の残りも何回かライブをする予定です。

また彼はフィドラーとして、様々なライブ活動、
ミュージシャンサポートもしていますから、

是非スケジュールなどもチェックしてみてくださいね!
ライブもとても楽しいですよ。

では、これからクリスマスまで走りまーす。

♫Live Information

9月15日(土)11:45〜12:30

船橋市高根台団地東集会所(最寄り駅:新京成線高根木戸駅)

 “まつぼっくりサロン” (主催:風の村高根台サポートハウス)

出演:KIKI&Tact(アイリッシュハープとフィドルのデュオ)

入場:無料

f0370762_17524235.jpg
  お散歩途中で見つけた自宅近くのベーグルカフェ。お気に入りのスペースになりそうです。

[PR]
by harp-by-kiki | 2018-09-12 18:19 | コンサートのお知らせ | Comments(0)

鴻巣(埼玉県)にて

f0370762_14480667.jpg

7月二つ目のチャペルでのコンサートは、
埼玉県鴻巣市、鴻巣福音自由教会でした。

オリーブの会という、教会の女性の皆様が主催の会で、
音楽ゲストとして呼んでくださいました。

こちらでは何度もリピートしていただけて、
とても嬉しいです。

今回いつもと少し事情が違いますのは、
以前とは行き方のルートが異なるのでした。

今年から都内へ引っ越しましたので、
こちらに伺うには新宿を通過しなければならないのでした。

開始は朝10時からでしたから、
コンサート準備を含めると、遅くとも9時に鴻巣に着かなければなりません。

乗車率150%の通勤ラッシュ時に、
ハープと音響が入ったスーツケースを持って行くにはどうすれば・・・

前日の昼間に楽器と機材をお届けして、当日は身一つで行く、
なども計画いたしましたが、

ある方のお宅に宿泊させて頂けるという
大変有り難いお話を頂き、

前日の夜の移動となりました。
これでもう安心です。

その日も本当に暑かったですが、
快適に過ごさせていただいたお陰で、
とても体調良く当日を迎えることができました。

この日のイベントは、午前中のお忙しい時間帯だったと思いますが、
たくさんの方が来てくださっていました。

幼稚園前の小さなお子さんも、
お母さんと一緒に来てくださっていたりと、年齢層が広いのです。

なかなか普段はゆっくり音楽を聴けない方々も
しばしのリラックスタイムとなっていただけたらと思いました。

今回はミニコンサートですので、30分ほどです。
イギリスにいた時に聴いた印象的な讃美歌『ものみなこぞりて』で、
始めました。

ハレルヤ、ハレルヤ、というフレーズが
その当時気分を明るくしてくれたのを覚えています。

ハレル(崇める)、ヤァ(天地創造の神様)
という二つの言葉で成り立っているのを知ったのは、
だいぶ後のこと、自らも教会へ行くようになってからでした。

Mr.ビーンもこの曲をストーリーの中で取り上げて、
他の歌詞は知らなくても、
「ハレルヤ」のところを元気に歌い、

笑いを取るという喜劇ではありましたが、
どこか神聖さが感じられるのでした。

ヨーロッパにいた時に、このように生活の一コマの中で耳にした讃美歌が
今の自分の音楽に繋がっています。

これはどこかで聴いた曲・・・ああ、讃美歌だったのか、
ということがとても多いのでした。

音楽をとおして小さな断片が繋がっていった時に、
人生って面白い、と私は思うでした。

オープニングの曲のことだけで恐縮ですが、
この日は、オリジナル曲を含め6曲を演奏いたしました。

『バイブル&ミニコンサート』というイベントですので、
コンサートの後には牧師先生のお話がありました。

生活の中で思うこと、感じること、
ただ通り過ごすことなく、そこに意味をもたせるのは
大切なんだな、と思います。

そのように「気付く」時を与えられた思いがいたします。

静かで涼しく、空気が澄み切った礼拝堂で、
外の喧噪から離れて安らいだ朝でありました。

いつもながらご準備くださった教会の皆様、
ご苦労さまです。ありがとうございました。

そして、暑い中来てくださったお一人お一人に、
たくさんの祝福がありますように!

今年は予想外に早い夏の到来で、
そして夏が長くなりそうな予感もしますが、

この後私は、少し早めの夏休みに入ることにしています。

9月からの準備と、身体の休養に当てて、
また秋から始動したいと思います。

それにしても尋常ではない猛暑の日々、
どうぞ皆様お気をつけてお過ごしくださいね!

f0370762_17375577.jpg
鴻巣駅に貼ってくださったポスターです。


[PR]
by harp-by-kiki | 2018-07-18 17:56 | コンサート報告 | Comments(0)

ふるさとの小径

f0370762_18375688.jpg

なんだかすごい年代物の腕時計。
前の家で片付けをしていたら出て来ました。

たぶん小学生ぐらいの時に、
初めて買ってもらった腕時計です。
自動手巻き・・・というもの。

特にミッキーが好きだったわけではないのですが、
SEIKOのムーブメントだったから、買ったのかも知れません。

その時、「え、こんなんでいいの?」と父が言ったことも、
なぜか鮮明に覚えているのでした。

ネジを巻いたらしばらくの間動いていました。
でも半日ぐらいで止まってしまい、
『大きな古時計』の歌を思い出しました。

動かなくてもヤフオクで売れるようですが〜
取っておきましょう。

こういう懐かしい物との遭遇は、
タイムスリップするものですね。

今自分の生活が、生まれ故郷近くに移ったので、
日々の中で懐かしい思いに満たされます。

町中を歩いていて、
変わらない場所の風景に出会うと嬉しくなります。

子供の頃建て替えがあった小学校の鉄筋校舎がそのままだったり。
区役所がやっぱりそのままの建物だったり、

ピカピカじゃないのがこんなに嬉しいものかと
思いました。

イギリスなどでは、新しい家屋よりも
古いものの方が値打ちがあったりしますし、

徹底的に手直しして長く持たせるという考えが根付いていて、
それはとても良いことだなぁと思うのです。

懐かしい道を歩いていますと、
ここは◯◯さんちのクリーニング屋さん、
あそこは◯◯君ちの八百屋さん、

という他愛無い発見が嬉しいもので、
バスに乗る距離も歩いて行くのが楽しくなりました。

そんなノスタルジックな日々を過ごしながら、
最近『ふるさとの小径』という曲を作りました。

これはヴァイオリンとのデュオでやろうと思います。

初めて聴く曲でも、どこか懐かしく感じる、
そんな風に仕上げられたらと思っています。

4月には、アイルランド大使館で行われる、
あるお茶会でハープの弾き語りをすることになりました。

日本とアイルランドを繋ぐ、
ほんの一端として演奏できること、とても嬉しく思っています。

[PR]
by harp-by-kiki | 2018-03-21 20:34 | 曲のご紹介 | Comments(0)

冬休み終了・・・間近!

f0370762_17544252.jpg

更新がしばらくぶりとなりました。
皆様お元気でしょうか?

冬休み、と称して引っ越しに時間を充てておりました。
久しぶりの引っ越しは、かなり大変でした💦

人生通算6回目の引っ越しでしたが、
前の場所が長かったので、それなりに荷物も多く、

荷造りに時間がかかりました。
そして新しい場所でそれを解くことも、まだまだ終わっていません。

(私は『段ボーラー(段ボール愛好家)』ではないので、早く片付けたいです!)

今回一ヶ月以上の長期休暇にしましたのは、
荷造りなどで指先がどうしても荒れてしまって、

今ハープを弾くと、全く滑らかな音になっていません。
それが予想できたので、時間を頂くことにしました。

でもそろそろ、開店準備に入りたいと思います。

大変久しぶりに東京へ移り住むことになりました。
やはり生まれ故郷なので、
この空気はしっくり来ます。

前のように鳥のさえずりで目が覚めることはありませんが、
ちょっと歩くとトトロの森のような場所に出くわすこともありませんが、

街があって、好きなお店があって、そこに懐かしい友達がいて・・・。
誰にでもありますが、私にとってはそれが原風景なのでした。

演奏エリアとしても、これから新しい所に出没できるかも知れません。
それがとても楽しみです。

春が近づくとともに、
ふわりと出かけて行きたいと思います。

f0370762_18295359.jpg
アート作品を売っているお店の横に佇むカフェ。昔はありませんでした。ちょっとお気に入りのスポットになりそうです。

[PR]
by harp-by-kiki | 2018-02-21 18:14 | 日々のこと | Comments(2)
f0370762_22322693.jpg

12月14日の朝、蕨福音自由教会(埼玉県)へ向かいました。
2017年のチャペルコンサートのフィナーレであります。

蕨へはいろいろな行き方があるのですが、
ハープと音響機器があるので、

朝の通勤・通学ラッシュを避けて、
できるだけ空いた電車でのルートを選択しました。

そして思いがけず座って行くことができて、大変ラッキーでした!
お天気も快晴、なんだか良い予感の朝なのでした。

f0370762_22172934.jpg

12月のお忙しい時期の午前中、
近隣からたくさんの皆様が来てくださいました。

この日は教会の婦人会の皆様が主催で、
このコンサートが企画されましたので、
いらした方は女性が多かったですが、

20代から80代とご年齢層の幅が広く、
嬉しい限りです。
皆様がお誘い合ってご参加くださいました。

そして、お子様連れのお母さん方もいらっしゃいました。
お子様にとってきっと初めて聴くハープの音、
そんな機会を作ってくださったのですね。

礼拝堂はとても天上が高く、音響が素晴らしく、
自前の小型アンプを通して、心地良く十分に響き渡り、
ひとまず安心いたしました。

礼拝堂にはとても立派なパイプオルガンがありました。
始まりの前奏曲を奏楽者の方が弾いてくださり、
とても荘厳な響きに気持ちが引き締まりました。

f0370762_22351872.jpg

今年の一連のチャペルコンサートでは、
自分が子供の頃に見た絵本の中にあったクリスマスの風景を
音楽で再現してみました。

ゆりかごの中で眠る赤ちゃん(御子イエス、キリスト)と、
その周りを囲む大人たち。

他には何もないのに、幸せな笑顔がいっぱいで、
闇の中にそこだけが光を放っている風景・・・

その目映いばかりのキラキラを、
アイリッシュハープで表現したいと思い、

オープニングに"Come Shepherd"という
ボヘミアのクリスマスキャロルをアレンジしました。

絵本の中で見たそのキラキラした光は、
今でも印象深く目に焼き付いています。

そして子供ながらに思ったのは、
「どうしてあの赤ちゃんは一人だけ光っているのだろう?」
という疑問でした。

この疑問は "What Child is This?"(この子は誰?) という
『グリーンスリーブス』で知られるクリスマスキャロルの題名を
思わせるのでした。

私の子供時代、初めてのクリスマスとの出会いでした。
皆さんにとっては、どんなクリスマスだったでしょうか?

コンサートに続いて、日名牧師先生より、
『クリスマスの喜び』と題するのメッセージをいただきました。

街中の商戦豊かなクリスマスとは異なる、
本質的で心に響くお話でした。

f0370762_18351974.jpg

プログラム終了後は、場所を移動して、
来てくださった皆様全員と会食です。
手作りのランチやデザートが用意されていました。

ご準備くださった蕨福音自由教会の皆様、
ありがとうございます。

12月はいろいろな教会へ行く機会の多い月ですが、
どちらに行っても温かくお迎えくださり、

そばにいて影となり、ステージを支えてくださった方々がいて、
本当に助かりました。

いつも思いますが、このようなきめ細かいサポートをいただいて、
皆さんと作り上げていくコンサートであることを思います。

本当にありがとうございます。

そしてお越しくださった皆様、またCDをお買い上げくださった皆様、
感謝申し上げます。

またどこかでお会いしましたら、どうぞお声をかけてくださいませ。

そして皆様にとって、思い出に残るクリスマスでありましたら、
幸いです。

Merry Christmas!

f0370762_18342508.jpg




[PR]
by harp-by-kiki | 2017-12-16 19:46 | コンサート報告 | Comments(0)
f0370762_19394205.jpg

だんだん寒さが本格的になってきておりますね。
朝出かける時の空気がキーンと冷えています。

12月10日の日曜日、埼玉県ふじみ野キリスト教会主催によるクリスマスコンサートで、
アイリッシュハープの弾き語りをさせて頂きました。

その日もお天気よく、清々しい朝でした。

初めて乗る東武東上線。でもとてもスムーズに行けました。
上福岡駅の目の前にある市民センターを目指します。
(お出迎えありがとうございます!!)

もう早くから教会の皆さまが到着して、ご準備くださっていました。
11時からいらっしゃるお客様を迎えます。

開始近くになると、用意した席が次々と埋まっていきました。
プログラムを80部用意してくださったそうで、
その数もちょうどそのくらいだった、ということでした!

日曜日の午前中にも関わらず、近隣の方に来ていただいて、
牧師先生のクリスマスメッセージと讃美歌で始まりました。

牧師先生は女性です。
雰囲気がとてもお優しく、お話も温かいのでした。

続いて、1時間ほど、アイリッシュハープの演奏と歌、そしてトークによるKIKIのコンサートをいたしました。

毎回、同じプログラムのコンサートはなく、
その日その時のために用意させていただいていますが、

この日はクリスマスキャロルとともに、
バッハの、思い出深く大切にしている曲を2曲弾きました。
それにまつわるエピソードも添えています。

今こうして私が国内各地の教会でコンサートをするまでに、
いろいろな出会いがあり、歩んで来た道があり・・・

そんなお話をしながら、静かにバッハの曲を奏でました。

そのようなわけでその日は、アイルランドの伝統歌や
クリスマスキャロルの他、クラシックあり、オリジナル曲ありの
盛りだくさんでした。

そして、久しぶりにアイリッシュティンホイッスルも吹きました!

f0370762_21280495.jpg

終わってからは、いろいろな素敵なものが当たる、
じゃんけん大会などで大賑わいのお楽しみ会や、

お茶やお菓子のサービスなどもあって、
素敵なクリスマスのひと時でした。

そして、今回来ることができなかった方は、
こちらの教会では毎年このような企画をなさっているそうですので、
また来年、是非チェックしてみてくださいね。

f0370762_20101919.jpg

クリスマスはやっぱりいいですね。
子供の頃に行っていた教会学校を思い出しました。

ふじみ野キリスト教会の皆さま、
ありがとうございました。

そして、お越し下さったたくさんの皆さま、
ありがとうございます。

またどこかでお会いしましょう。
メリークリスマス!


[PR]
by harp-by-kiki | 2017-12-11 22:26 | コンサート報告 | Comments(0)
f0370762_20205558.jpg

KIKIの今年のクリスマスチャペルコンサートのお知らせです。
兵庫県と埼玉県が二つになります。

やっぱりクリスマスですから、
まだ教会に行ったことのない方にも是非!と思います。

今年伺うところは、たくさんの方に来ていただけるようにと
市民ホールなどを借りてくださってのコンサートもあります。

どちらも予約無し、また全て無料となりますので、
(場所によっては任意の献金があります。)

お気軽にいらしていただければと思います。

今年はどんなクリスマスコンサートにしようかと、
わくわくしながらプログラムを作っておりました。

三カ所でそれぞれ内容は違いますが、

キラキラと輝く光のクリスマス、
温かい思いになれるクリスマス、

そんなことをイメージしたコンサートにしたいと思います。

お近くの方、是非いらしてくださいませ。
では、以下ご案内です。♪


♪KIKI's Harp & Voice Chapel Concert Tour 2017♪

☆第30回 三田クリスマスの集い
12月3日(日)14:00〜16:00
会場:三田市まちづくり協働センター多目的ホール
   (三田駅前キッピーモール6階)
第一部:讃美歌とお祈りの時
第二部:クリスマスアイリッシュハープ弾き語りコンサート 
    出演:KIKI
主催:三田クリスマス実行委員会
   2017年度事務局 三田北摂ルーテル教会(079-564-6852)
入場無料

☆みんなで楽しむクリスマスコンサート
12月10日(日)11:00〜12:30
会場:ふじみ野市サービスセンター(埼玉県ふじみ野市)
   上福岡駅前(南口)ココネ2Fホール
出演:KIKI(アイリッシュハープ弾き語り)
主催:ふじみ野キリスト教会(049-261-2192)
入場無料

☆ハープミニコンサート
12月14日(木)10:30〜13:00(開場10:15)
蕨福音自由教会(埼玉県蕨市)
ハープ弾き語り演奏:KIKI
おはなし:日名信介牧師(蕨福音自由教会牧師)
入場無料、サンドイッチ、デザートの軽食付き

[PR]
by harp-by-kiki | 2017-11-11 20:46 | コンサートのお知らせ | Comments(0)

KIKI・・・アイリッシュハープの弾き語りをして、リラックスタイムをお届けしています。ハープと音楽のことを中心に、日々の生活を綴っています。


by harp-by-kiki