人気ブログランキング |
f0370762_09150311.jpg
Photo by *juno


Harp by KIKI

KIKI : Irish harp & Vocal, Arranger, Composer


アイリッシュハープの弾き語りをしています。

糸を紡ぐように音を紡いで

そんな手仕事風の音楽を作っていきたいです。

そして昔々の吟遊詩人のように

今日も明日もハープを携えて

うたっていきたいです。


♪Harp by KIKI presents

小型アイリッシュハープ(22弦〜28弦)レッスン♪


アレンジ方法を取り入れたレッスンを

東京都世田谷区にて行なっています。


・アイリッシュハープレッスン

・アイリッシュハープ弾き語りレッスン

(両方ともワンレッスン制です。)


・入門の方向けのワークショップ

(一回完結型のワークショップです。)


レッスンとワークショップの詳細は、

ホームページ 『Harp by KIKI』の レッスンをご覧ください。

(2019年7月14日に内容を更新しました。)


レッスンのご案内の ブログ を書いています。ご参考ください。


お問い合わせは Mail to KIKI からご連絡ください。



by harp-by-kiki | 2019-12-31 20:46 | ご挨拶 | Comments(0)

梅雨らしくなりましたが

f0370762_13553090.jpeg

久しぶりに雨の出張演奏でした。

でも傘を差すほどではなかったのは
ありがたかったです。

本日の行き先は、千葉県にある
風の村東深井サポートハウスさんでした。

開所5周年記念のイベントの中で
KIKIのコンサートを企画くださいました。

そういえば開所の時も
式典の中で演奏させて頂いたのでした。

もう5年も経つのですね。早いものです。
おめでとうございます!

以前は近かったので、
自家用車に全て乗せて伺っていましたが、

今回は電車での移動です。
でもずっと座って行けるので助かります。

まず電車に乗ってやることは、端っこの席を確保することです!
それさえできれば、もう安心です。

こちらの担当のUさんとは、
もう7、8年のお付き合いになります。

事あるごとにこうしてお声を掛けてくださり、
引っ越してもご連絡くださるのは
とても嬉しいことです。

送迎の車の中で近況を伺ったり、
思い出話をしたり、

里帰りの気分で過ごさせて頂きました。

f0370762_14271125.jpeg

コンサートには、こちらに住まわれている皆さんや、
近隣の方々など
たくさんの方が聴きに来てくださいました。

地域の皆さんも入れるカフェが併設しているので、
お馴染みの場所なのですね。

コンサートが終わってから、
Uさんが、皆さんが笑顔になるひと時だったと伺い、
私もひと安心です。

サポートハウスのスタッフの皆様、
聴きに来てくださった皆様、
ありがとうございました!

by harp-by-kiki | 2019-06-29 13:55 | Comments(0)

音を紡いで

f0370762_23015300.jpeg

こちらは私がたまに行く、お気に入りのカフェです。

ウィリアム・モリスのテキスタイルがあって、
それだけでイギリスらしさが満載ですね。

こういう空間が家にあったらなお良いですが〜。

もうずいぶん前のことですが、
以前住んでいた付近に、
いろいろな作家さんが集まるカフェがあって、

そこに来る作家さんと
交流させていただいていました。

そこではワークショップがあったり、
個展が開かれたり、
作家さんの作品が委託販売していたりと、

活気よく新しいことが発信されていました。

私はもちろんクラフト作家ではないですが、
「音楽で空間を作る人」として
オーナーさんが位置付けてくださって、

あるテーマを持ったコンサートを
そちらで何回かさせていただきました。

お食事やケーキも美味しくて、
それプラスαが素敵なカフェでした。

今ではそんなに珍しくないかも知れませんが、
その頃はまだそういうカフェはあまりなかったと思います。

実は私のファーストアルバム”Gentle Breeze"は
そのカフェのコンセプトの中で作った作品でした。

飾れるCDとして、
心地よい風が吹き抜けて行くような風景を

フォトグラファーの作家さんに撮っていただき、
素敵なジャケットを作っていただきました。

著作権の関係もあって、
私のオリジナル曲をたくさん入れましたが、

音楽としても、空間を意識して
心地良さを追求した作品でした。

懐かしくその頃のことを思い起こしていて、
ふと気付いたのは、

そう言えば、私も小さい頃から手作りが好きだったなぁ
ということでした。

祖母がとても器用な人で、
いろいろなものを魔法のように作ってくれました。

私自身、今はもう時間がなくて
ミシンを踏むことも滅多にありませんが、

お洋服を作ることも好きでしたし、
今でも「何かを作る」というのが好きな者です。

それは音楽作りにも共通するもので、
無から作る工程を楽しめるのです。

元々クラシック音楽を基礎にしていますので、
既成の楽譜を勉強してきましたが、

ハープを演奏するようになってからは、
自分で編曲して音楽を作っていくようになりました。

白紙の五線譜がいつも手元にあって、
それを音符で埋めていくことは、
クラフト作りにとても似ています。

丁寧に仕上げる、ということを学びますし、
それによって少し忍耐力が身につくでしょうか。

それはクラフト作りをしている方だけでなく、
ダンスを習っている方もそうだと思いますし、
お習字もゴルフも・・・

最終的には全て、
ディテイルが大事になるのではないかと思います。

そのようなわけで、最近 KIKI の紹介文の中に
こんなフレーズを入れました。

『糸を紡ぐように音を紡いで、手仕事風の音楽を作っていきたいです。』

音楽やハープとの向き合い方が
今はこの表現がぴったりのように思っています。🐏

ゆったりまったり、でも丁寧に、夢を持って
お仕事をしたいですし、暮らしていきたいです。

f0370762_10173106.jpg
Gentle Breeze /KIKI
Cover design & photo by *juno







by harp-by-kiki | 2019-06-02 23:00 | 日々のこと | Comments(0)

ハープ弾きの指のお話

f0370762_17331227.jpeg

最近、吉祥寺に気に入った雑貨屋さんを見つけ、
そちらで買った何点かを音楽スタジオに置いています。

右のソファのようなのは、指輪ホールダーです。
練習時に指輪を外した時に、どこかに置いたまま忘れてしまうので、

失くして嘆く前にと、
このソファ型のホールダーを買いました。

ミニチュアのドールハウスみたいで
なかなか気に入っています。

その隣のヴァイオリンが蓋に付いている入れ物には、
爪切りを入れました。

ハープは爪が伸びていると弦に引っかかってしまうため、
早めに切るようにしています。

クラシックギターやアルパなどを除いて、
多くの楽器奏者は、爪を伸ばせないのではないかと思います。

そして指先の怪我などには、皆さん格別に
注意を払っていらっしゃることでしょう。

ハープの場合も、指先の弦が当たる部分を切ってしまいますと、
練習そのものができなくなってしまいます。

あれだけ注意したのに〜〜と思うのですが、
たまにやってしまいます。

それでも練習しないわけにはいかない時、
私はバンドエイドをして弾いています。

当然変な音になりますが、
早くバンドエイドが取れることを願いつつ、頑張ります。

ハープは小指を使いませんので、
小指は怪我しても全然OK! なのですが、

小指って奥まっているので、
あまり怪我することがないみたいです。

断然人差し指と親指が多いです。
そんな時には4、5日は我慢です。

その他、指先が荒れるのも大いに音に影響しますので、
気にしています。

離れた所で聞いている人には、
それほど著しくわからないかも知れませんが、

自分にはよーくわかるので、冬などは特に気をつけます。
良い音で弾きたいと思うのです。

では、ハープの「良い音」ってどんな音なのでしょう?
今日はちょっとここでミニレッスンです。169.png

「良い音」というのは、鈍い響きではなく、
かといってキンキンした音でもなく、

ポーンと抜けるような明るい音、とお考えください。

それは弾いている自分にも心地よく、
相手にも伝わりやすい発音の音、と思っています。

もしまだハープを始めたばかりの方が
お読みくださっていましたら、

こういうはじき方で、この方向にはじくと
ポーンという響きの音が出る、

という規則性を掴んでおくと、
音作りがスムーズになります。

ハープは楽器の材質によって音は違いますが、
弾き手によっても大いに異なります。

電子楽器以外、音作りは全て奏者がやっていくことなので、
その方の個性が音に表れます。

よく耳で聞いて、目で確かめて、
楽しみながらやっていただければと思います。

そうなのです、練習を楽しくやることって
上達に繋がりますので大事です。

これから梅雨に入ると、
音も湿った感じになってしまいますね。

そんなことを跳ね除けられるくらいに
良い音を目指して、今日も練習いたします。

by harp-by-kiki | 2019-05-26 17:32 | 日々の練習 | Comments(0)
f0370762_21080981.jpeg

4月20日(土)の午後、
八王子にありますカフェ・アムノスさんで、

イースターをイギリス風にお祝いする
カフェライブをいたしました。

一部、二部ともちょうど満席となり、
少し駅から遠かったのですが、たくさんの皆様に来て頂けて、
大変嬉しいひと時でした。

f0370762_21142735.jpeg

f0370762_21155927.jpeg

とてもアットホームで可愛いカフェです。
演奏前に頂いた手作りのベーグルサンドと
スープのランチにも感動しました!

あまりに美味しくて、帰りに冷凍ベーグルを
買わせて頂いたほどです。

こんなカフェがもし近くにあったら、
毎週行ってしまうと思います。

是非皆様もチェックしてみてくださいね。
(Cafe Amnos 八王子)

そして今回のコラボは、
イースターの時期に食されるというシムネルケーキです。

f0370762_21251317.jpeg

丸いマジパンが乗っているのですが、
12使徒からユダ1人を引いた11個を乗せるそうです。

イースターはキリストの復活の日なので、
そんな深い意味合いが含まれているのですね。

でも今日は、人数分のマジパンを乗せて作ってくださいました。
それがまた可愛いのです。😊

中にドライフルーツが入っていて、
とてもリッチな味わいでした。甘さもちょうどよいのです。

そしてセレクトされた紅茶は、
プリンス・オブ・ウェールズです。

いただく前に、オーナーのエリ奈さんから
シムネルケーキの背景のお話を聞くことができました。

私を含めて誰も知らない、誰も食べたことがない、
そして見たことも聞いたこともないケーキだったのですが、

もう皆さん一気に詳しくなりました!

もしかしたらこのカフェ・アムノスさんから
流行り出すのではないか、と思うほどです。

f0370762_21151640.jpeg

ライブではイギリスの優雅なものや、翳りのあるもの、
不思議な一面が感じられる曲を集めてみました。

そしてレアなシムネルケーキを研究してくださった
エリ奈さんに敬意を払い、

恐らく誰も聞いたことがないと思われる曲として
13世紀のカノンや、

ハープではなく、16世紀に歌の伴奏で弾かれた
リュートという楽器の曲などをプログラムに入れて、

この上なくイギリスらしい、と
自画自賛😌しておりました。

そしてつい一週間前には、
Mr.Beanの「教会」のスケッチに出てくる賛美歌が、

イギリスのイースターソングだとわかって、
大喜びで急遽追加したり、

直前までエリ奈さんと連絡を取り合い、
イギリスらしさを追求していました。

そしてもちろんアイリッシュハープ の故郷、
アイルランドの曲も入れています。

アイルランドにあるイギリス領主のマナーハウスでは、
独自のシムネルケーキのレシピもあるということです。

f0370762_21381045.jpeg

こちらは、Facebookの宣伝を見てくださった
福岡にお住いのお友達が、

「シムネルケーキが気になって、作ってみました。
食べられませんが・・・。」
と見せてくださった手芸のシムネルケーキです。

なんだかますます流行りそうな予感がしてしまいました。109.png

クリスマスはどこでも祝賀ムードですが、
こんな風にイースターをお祝いできて、

この八王子の素敵なカフェが
まるで日本じゃないみたいです。

私は二回目のティータイムで、
シムネルケーキをいただきました。

なんて美味しいのでしょう。
そして皆さんの美味しそうな様子も嬉しかったです。

こんなコラボの機会を与えてくださったエリ奈さん、
ありがとうございました!

準備期間も含めて、とても楽しかったです。
今年のイースターは、素敵すぎました。

Thank God!



by harp-by-kiki | 2019-04-21 21:06 | コンサート報告 | Comments(0)

春の日の花と輝く

f0370762_08580014.jpg

各地からの桜だよりを楽しんだ一週間でした。
皆様はどこでお花見をしましたか?

写真は目黒川で撮ったものです。
たくさんの人が来ていましたが、とても寒い日でした。

でも寒かったお陰で、今年は長い期間
桜を楽しめたのではないでしょうか。

そしてこれから、いよいよ春が本格化しますね。🌷

4月20日のイースターライブについて、
シリーズで書いておりまして、今日で3回目です。

今日は少し演奏予定曲目について
書きたいと思います。

チラシには大体いつも、演奏予定曲目というのを
載せるようになっています。

でも実際にプログラムが決まるのは、
本番の一週間前ぐらいでしょうか。

ですので、予定曲目が実際には演奏されないケースもあるのですが、
努めて加えるようにしています。

と言いつつも、もし変更がありましたら、
ごめんなさい・・・。

全体の流れに沿っていない場合は、
やむなく変更してしまうこともあるのです。

今回は『スカボローフェア』と『春の日の花と輝く』を
書かせていただきました。

『春の日の花と輝く』はアイルランド民謡で、
原題は"Believe me, if all those endearing young charms "と言います。

日本人が知るアイルランド民謡として、
ベスト3ぐらいに入ると思うのですが、

よく考えたら、私はこの曲を
ソロで演奏したことがなかったのでした。

ですので、今回はこの曲を変奏曲風にアレンジしてみました。
春らしい軽いタッチになっていると思います。

そしてこのイースターライブは、
カフェ・アムノスオリジナルの『シムネルケーキ』とのコラボです!

オーナーのエリ奈さんは、こうしたケーキの研究の他、
紅茶も専門的に勉強なさっていて、

当日はケーキに合うこだわりの紅茶を
検討なさっているそうですよ。
(当日はコーヒーまたは紅茶をお選びいただけます。)

私は紅茶が大好きなので、
やはり紅茶といえばイギリス、
選曲も、少ーしイギリス寄りにプログラムを組んでいます。

静かに語りかけるような曲を
いくつか入れたいと思っています。

そして先日、エリ奈さんが試作で作られた
シムネルケーキの画像を特別に見せてくださいました!

わぁ〜こんな感じのケーキなんですね。
素敵!そして美味しそう!

音楽と、珍しいケーキと、こだわりの紅茶、
または入れたてのコーヒー、
全て合わせて1000円というお心遣いです。

今年は4月21日がイースターなので、
その日はイースター・イブなのですね。

イースターライブというのは、今までに私は経験がないですし、
本当に珍しい企画ですので、

よかったらお誘い合わせの上、お越しください。
春が満載の、麗しい一日となりますように。

♪Live Information

☆KIKI's イースターライブ at Cafe Amnos(八王子市中野町2686)
 4月20日(土)13:00〜、15:00〜(入れ替え制)
   要予約、各回15名様まで。オープンは各30分前より。
 入場料:¥1,000(シムネルケーキとお飲物付き)
 ご予約は、お名前、ご連絡先、人数、ご希望の回(13時または15時)を以下の方法でお知らせください。
   ①KIKIのホームページのお問い合わせフォームからご連絡。
   ②Cafe Amnosさんへ直接お電話。090-4929-4600(内田様)
   ③Facebookページ(KIKI's Harp & Voice または Cafe Amnos)からメッセージを送信。

*Cafe Amosへの行き方*
①JR八王子駅北口〜工学院大学直通バスで終点で下車。
 大学・付属中高と中野市民センター交差点を越えたところにあります。
②京王八王子駅から樽原行きバスに乗り、新清水橋で下車。徒歩4分。
一階はラーメンエース、カフェは2階になります。

by harp-by-kiki | 2019-04-06 19:21 | コンサートのお知らせ | Comments(0)
f0370762_15475509.jpg

イースターと言いますと、
日本ではクリスマスほど一般的ではないですが、

この時期にヨーロッパに行きますと、
卵型だったり、ウサギの形をした

イースターエッグやバニーのチョコレートが
たくさん売られています。

キリスト教会ではクリスマスと同じくらい大切な日です。

長い冬が終わって春の到来を喜ぶ、
そんな時期でもあります。

そのイースターシーズンに、八王子のCafe Amnos(アムノス)さんが
ライブをご計画くださいました。

その日は特別に、
昔アイルランドやイギリスでイースターに作られたという

シムネルケーキというケーキを
焼いてくださいます。

もしかしたら日本でこのケーキをお出しくださるカフェは、
アムノスさんだけかも知れませんね。111.png

オーナーさん手作りのシムネルケーキとお飲み物、
そしてアイリッシュハープ 弾き語りライブがセットで、
入場料はなんと、¥1000だそうです!

今回の私の演奏は、
イギリスの歌ものが中心になる予定です。

そしてライブ後のティータイムでは
オーナーさんによる、シムネルケーキの背景などのお話も聴けますよ。

どんなケーキなのでしょうね、私もとても楽しみです。

今回私は八王子初進出なので、
そちらも楽しみです。😊

八王子駅からバスに乗るようですので、
グーグルマップ等で見てみてくださいね。
(カフェに駐車場はありませんのでご注意ください。)

お近くの皆様、是非いらしてくださいませ。
ご予約お待ちしております。

♪Live Information

☆KIKI's イースターライブ at Cafe Amnos(八王子市中野町2686)
 4月20日(土)13:00〜、15:00〜(入れ替え制)
   要予約、各回15名様まで。オープンは各30分前より。
 入場料:¥1,000(シムネルケーキとお飲物付き)
 ご予約は、お名前、ご連絡先、人数、ご希望の回(13時または15時)を以下の方法でお知らせください。
   ①KIKIのホームページのお問い合わせフォームからご連絡。
   ②Cafe Amnosさんへ直接お電話。090-4929-4600(内田様)
   ③Facebookページ(KIKI's Harp & Voice または Cafe Amnos)からメッセージを送信。

*Cafe Amosへの行き方*
①JR八王子駅北口〜工学院大学直通バスで終点で下車。
 大学・付属中高と中野市民センター交差点を越えたところにあります。
②京王八王子駅から樽原行きバスに乗り、新清水橋で下車。徒歩4分。
一階はラーメンエース、カフェは2階になります。

by harp-by-kiki | 2019-03-19 00:06 | コンサートのお知らせ | Comments(0)
f0370762_21552580.jpg

1月19日(土)の夜、戸越銀座の『巨人のシチューハウス』さんにての
KIKIのHarp & Voiceコンサートが、無事終了いたしました。

この冬の時期の体調管理は本当に大変で、
今回ほど「無事」を意識したことはなかったです。

先週あたりからfacebookでは、
インフルエンザでライブを中止する告知が徐々に出て来て、

え〜!そんなに流行っているんだ〜と
気が気ではありませんでした。

注意することといえば、人混みに出ていかない、
むき出しになっているパンを買わない、手洗いうがい敢行、
寒さ対策・・・そんなところでしょうか。

ですので今回は、ライブができたことを
いつも以上に喜んでホッとしております。

来てくださった皆さま、ありがとうございました。

当日の朝にご予約くださった方もいらして、
お席は満席となりました。感謝申し上げます。

初めてお目にかかる方、長くお会いしていなかった旧友、
ハープの生徒さん、各方面のアーティストの方、昔の音楽仲間、
これからライブを企画してくださる方、ハープを始めたい方・・・

ライブをしていますと、本当にいろんな方にお会いできて、
それはとても貴重なことだと思っております。

また、残念ながらお風邪等で来られなかった方々、
是非またお目にかかれたら嬉しいです。

ライブのたびに課題が出て来ますので、
反省点は山ほどあるのですが、

それも活動の原動力となっているのだと思います。
できるだけ理想に近づきたいという思いは
大切にしたいです。

f0370762_21550847.jpg

終演後に、お客様が遠景から撮ってくださいました。

演奏中はぎっしりで席の移動ができなかったので、
写真は諦めていましたから、ありがたかったです。

この日こちらのお店に来られたのが初めて、
という方が多かったのですが、

とても美味しくて楽しかったと
喜んでいただけたのが何よりです。

巨人のシチューハウスでは、
いろいろなミュージシャンがライブをやっています。
私もこの日が4回目の出演でした。

戸越銀座も面白いところですので、
是非お立ち寄りくださいね。

オーナーのアランさん、
美味しいシチューをご馳走さまです!

by harp-by-kiki | 2019-01-20 23:29 | コンサート報告 | Comments(0)

アイルランドのシチュー

f0370762_18504775.jpg

毎日寒いですね!
そんな日は野菜と牛肉をビール↑で煮込んだお料理、
ギネスシチューが家族に大人気です。

煮込みに使うビールはギネスでないと「その味」が出ないのです。
そう、アイルランドのお味、野菜とお肉が溶け込んだ温か〜いシチューです。

先日そのお料理に使うギネスビールをスーパーで買いましたら、
ロゴのハープ柄のグラスが付いていて、とても嬉しくなりました!

ギネスビールはブライアン・ボルスタイルのハープを
ロゴに使っています。

アイルランドに行くと、至る所にこのロゴを目にしますよ。

グラスのオマケをもらうには3本買わないといけないので、
帰り道が重くなってしまいますが、そこはグラス欲しさになんのその。

この冬はたくさんギネスシチューが作れそうです。111.png
(もちろんアルコール分は全て飛びますので酔いませんよー。)

そして、今週の土曜の夜、
その本場のシチューが食べられるお店で、KIKIのライブがあります。

あまり日程を考えないでお引き受けしたのですが、
その日はなんとセンター試験なのですね!

受験生がおうちにいる知人からは、
「行けなくて残念!」メールをいただいています。

いえいえ、こんな大切な時ですもの。
是非お子様が無事受験を終えられますように!

そして東京には今日、インフルエンザ流行警報が出たそうです。153.png

私はお陰様で今のところ大丈夫なのですが、
ご予約いただいた方の中に、
インフルエンザだったり体調がお悪くなったりなど、

何人かキャンセルのご連絡をいただいています。

今年は特に猛威を奮っているようですね。
どうぞお大事になさってください。
早く良くなりますように。

そんなわけで、今回はまだお席のご用意がありますので、
ご予約は当日まで受け付けております。

だったら行ける101.png という方、どうぞご連絡いただければと思います。

KIKI's Harp & Voice Live
2019年1月19日(土)Open 18:30〜、Live Time 19:00〜20:15
巨人のシチューハウス(戸越銀座)Tel:03-6426-7803
チャージ:¥1,000 その他、お食事とお飲み物のオーダーをお願いします。
要予約

ご予約は、KIKIのホームページの「お問い合わせ」(←クリック)から、
または、お店に直接お電話ください。


by harp-by-kiki | 2019-01-17 19:13 | コンサートのお知らせ | Comments(0)

ライブ準備

f0370762_18064685.jpg

今年最初のライブが来週となりました。

お正月休みが終わったら、
あっという間のスピードで1月が進みますね!

今週あたりからお仕事モードになっている方も多いと思います。
私もそうです。

今回の新曲で、アイルランドの伝承歌、"Suil la ruin"を歌います。
(本当は「u」の上に「’」の反対向きになっている点が付くのですが💦)

これは私にとって大変思い出深い曲なのです。

以前アイルランドのドニゴールへ行った時に、
エンヤさんのお姉様のモイヤ・ブレナンさんから
直々にこの歌を教わりました。

モイヤさんは『クラナド』というレジェンドのバンドのリードヴォーカルで、
70~80年代にこの曲をヒットさせたそうです。

モイヤさんから頂いたコピーは大切に取ってあって、
いつか自分なりのアレンジでやりたいと思っていました。

今回はそれが叶いそうです。

昨年後半あたりから私が追求しているのは、
一人で(ソロで)どこまでパフォーマンスができるか、ということでした。

なんでもそうですが、一人だけでやれることには
どうしても限界があります。

でもそこを頑張って、演奏者がもう一人二人
別にいるかのようにできたら、なんだか素敵になりそう。

そんな風に思って、考え、練習をしています。

今回は少しその成果(?)らしきことを
お見せできるかしら、と思っています。

是非いらしてくださいませ。
ご予約はこちら↓です。

♪Live Information

1月19日(土)Open: 18:30 Live time: 19:00〜20:15

巨人のシチューハウス(戸越銀座商店街)

KIKI's Harp & Voice コンサート

出演:KIKI(アイリッシュハープ弾き語り)

チャージ:¥1,000 その他お食事とお飲み物のオーダー

*お席に限りがありますので、予約制となっております。

ホームページ『Harp by KIKI』のお問い合わせ(←クリック)からご予約をお願いします。



by harp-by-kiki | 2019-01-09 20:23 | コンサートのお知らせ | Comments(0)

KIKI・・・アイリッシュハープの弾き語りをして、リラックスタイムをお届けしています。ハープの楽しさをお伝えしたく、各種レッスンも開催中です。


by harp-by-kiki